文化・芸術

2013年8月31日 (土)

あいちトリエンナーレ 長者町会場

愛知政治大学院の後、長者町通りへ寄り道して、あいちトリエンナーレの会場を見学してきました。

ビルの壁面に書かれた作品や、写真撮影OKの展示も多く、かなりオープンな感じでした。

普段の土曜日は、ひっそりとした長者町通りも今日はパンフレットを持った人たちで賑わっていました。

20130831_160004

松本町松應寺会場にも出展している山下拓也氏の作品

20130831_155847

「まぼろし喫茶」昭和らしさを再現した菅沼朋香氏の作品。作者が作詞した「長者町ブルース」のSPレコードが流れていました。

|

2013年8月10日 (土)

あいちトリエンナーレ開幕

あいちトリエンナーレ2013が開幕しました。

Photo_3

午前中に東岡崎会場に行きましたが、チケット売り場の前に人だかりができていました。

私の近所には、松応寺会場や康生会場があるので期間中のフリーパスポート券¥3500を購入して拝見しました。

あまりに暑いので徒歩をあきらめ、康生会場にバスで移動し、春ビル、連尺ショールーム、シビコ会場とまわり、ベロタクシーにて松本会場へと思いましたが、ベロタクシーが40分待ちとのことで、猛暑の中徒歩にて松応寺へ移動しました。(^_^;

松応寺でも予想以上の人出があり、初日からなかなかの盛り上がりです。

|

2011年8月16日 (火)

神明さんの盆踊り

8月13日~15日の3日間、うちの氏神様の能見神明宮で盆踊りが開催されました。
この盆踊りは氏子11カ町の実行委員により運営されています。

Photo

私は、司会進行係を務めさせていただきました。司会進行係はもう10年以上も続けておりますが、毎年うまく進行できるか心配なものです。

今年は天候にも恵まれ、無事予定通り進行することができ、ほっとしました。
写真ではわかりずらいですが、土日を含んだ日程ということもあり、境内はたいへんな賑わいでした。

また14日には、東日本大震災で被災し、福島県から非難されてきた2家族をご招待いたしました。輪に入って一緒に踊って楽しんでいただくなど、たいへん喜んでいただいたようです。

今年は「絆」という言葉が注目されていますが、盆踊りの輪をみていると、まさに「絆」の大切さを感じました。

|

2011年5月10日 (火)

能見神明宮大祭

5月7日、8日、9日

今年も神明さんのお祭が始まりました。

今年は東日本大震災が発生したため、当初、祭礼を自粛した方がよいのではという意見もあり氏子の中で議論もありました。
しかし、いにしえより、我が国で厄災などが発生した時には、氏神様に御加護を祈願する祭礼を行なってきたものであるので、本年の神明宮例大祭においても、その御神徳を称えると共に御加護を祈願し、一日でも早い被災地の復興を氏子中を挙げて願うべきではないかということとなりました。

Photo

そこで、各町の山車には「東日本大震災復興祈願」ののぼりを立て、神明宮でも義援金の募金を行なうなど、被災地の復興を祈願し、祭礼を開催いたしました。

Photo_2

今年は天候にも恵まれ、小屋開きから、順調に祭礼行事が催行され、御神輿渡御、山車の宮入など大いに盛り上がりました。

|

2011年1月10日 (月)

第36回岡崎水泳協会寒中水泳

16年前に再開され、今ではすっかり岡崎の冬の風物詩となった岡崎水泳協会の寒中水泳が、寒風吹く成人の日の菅生川にて開催されました。

新成人を含む100名のスイマーが身を切るような冷たい川に飛び込んでいきました。

Photo_3

今年は、愛知県知事選挙に立候補を予定している、しげとく和彦氏も参加し、見事対岸まで泳ぎ切りました。

|

2010年12月29日 (水)

松応寺の鐘つき

今日は松本町の松応寺の鐘つきの様子を地元ラジオ局のFMおかざきが取材にきました。

Photo

というのも松応寺では、暮れ六の鐘を住職と近所の子供達とでついていて、それが子供達の毎日の楽しい日課のようになっており、その様子をFMおかざきが取材にきたというわけです。

Photo_2

鐘つきにくる子供達は、ほとんどが私も指導を手伝っている子供会のソフトボールチームMMFの子供達なので、よく知っている子たちばかりです。

Photo_3

私も小さい頃この松応寺でよく遊んでいましたが、こうやって、小さい頃近所のお寺で遊んだ思い出は、忘れられない一生の宝物になると思います。そしてこういったことが世代を超えた地域コミュニティの絆になっていくのではないかと思います。

毎日子供達に優しく接してくれている、服部住職、いつもありがとうございます。

|

2010年11月26日 (金)

座談会「フィルムコミッションについて考えよう」

岡崎商工会議所内のNPO岡崎都心再生協議会・おかざき観光コンベンション研究会の主催による、座談会「フィルムコミッションについて考えよう」が岡崎公園内「巽閣」にて開催されました。

愛知県東三河広域観光協議会 事務局長の鈴木恵子さんと(株)オフィスクレッシェンド 代表取締役 長坂信人さんを講師にお招きし、卓話と意見交換をいたしました。

はじめに東三河広域観光協議会の鈴木さんから「ほの国 東三河ロケ応援団」の活動紹介がありました。
東三河広域観光協議会はJAPAN Film Commission's に加入していないのでFC(フィルムコミッション)という名称を使わず「ほの国 東三河ロケ応援団」としているとのことでした。しかしその分自由な活動をしており、「かゆいところに手が届くFCとして、様々な制作者から高い評価を受けています。

ロケで使ってもらえる事による経済効果もさることながら、エキストラ等で映画施策に参加することによる、地域の活性化についての話は、たいへん興味深いものでした。

Photo

(株)オフィスクレッシェンド 代表取締役 長坂信人さんからは、映画やTVの制作側からのお話がありました。

(株)オフィスクレッシェンドは「20世紀少年」「トリック」などの映画作品を制作している、国内有数の制作会社ですが、代表の長坂さんは岡崎市出身で、今回の座談会にも快く出席していただいたそうです。

映画制作というのはとてもリスクが高い事業で、また日本では監督の権限が大きく、プロデューサー(制作側)は経費の制限などの狭間で、たいへん苦労が多いとのことでした。

以前はロケハンなどについては、制作スタッフがすべてやっていたが、最近は各地のFCがやってくれるので、経費や時間がずいぶん削減できている。しかし、それに甘えてばかりではいけないが。

特に注意しなければいけないのは、FCが手配をしてくれているとはいうものの、地域には、ロケに反対の人もいると言うこと。特に一番困るのは無関心な人たちであるとのことでした。

Photo_2

座談会の意見交換の中では、ロケには様々な許認可や各種の条例に抵触するなどのことが日常的に発生するので、行政の協力、とりわけ市議会議員などの理解が欠かせないという話もありました。

今回の座談会には、私の他に柴田議長をはじめ、山本議員、園山議員、鈴木議員と5人の議員が出席しておりましたので、たいへん有意義は意見交換ができたと思います。

|

2010年11月 6日 (土)

秋の市民まつり&岡崎ジャズストリート

今日は岡崎市の秋の市民まつりが開催されました。5年前からは岡崎ジャズストリートも同時開催されるようになり、「春は桜、夏は花火、秋はJAZZ」と今ではすっかり岡崎の恒例行事として市民に定着してきましたようです。Ca380447

まず、岡崎公園で行なわれている「商工フェア」に行ってまいりました。
今年は岡崎ご当地グルメを目指す「八丁味噌のまぜそば」が初登場!柴田市長も開会の挨拶の試食してました。ということで私も早速食べてみました。すでに行列ができていましたが、麺の茹で上がりのタイミングでぐぐっと進みますので、それほど待たずに食べられました。

Ca380442

「八丁味噌のまぜそば」は、三河のラーメン店有志が、このご当地グルメで三河を元気に盛り上げていきたいと、「B-1グランプリ」目指して、地元で愛され続ける八丁味噌を使って作った、スープのないタイプのラーメンです。

Ca380444_2   

料金は1杯500円。今回は、この「八丁味噌のまぜそば」を提供している各ラーメン店が集まって「三河流まぜそば会」として出店。今まで各店で提供している八丁味噌まぜそばとは、味も仕様も全く異なったオリジナルメニューとのことです。

写真を撮っておけば良かったんですが、おいしそうだったんでいきなり食べてしまいました。(^^ゞ

Ca380445_2

八丁味噌を使った味噌だれが太麺とよく合っていました。また、シャキシャキのモヤシや焼肉、メンマ、トマト、タマネギなどがよくマッチしてました。トマトの入ったラーメン初めて食べましたが、案外いけるもんですねえ。

八丁味噌をつかった新たな岡崎の名物になるか?目指せ「B-1グランプリ」!

Ca380446

その他にもたくさんのブースがありましたが、たくさんの人出で、各ブース賑わっておりました。

Ca380441

ジャズストリートの開会セレモニーをチラ見しながら、次に行ったのは、籠田公園で開催されている「ジュニア・エコノミー・カレッジ(ジュニエコ)」です。

Ca380448

「ジュニエコ」は、参加する小学生達が仮想株式会社を設立し自ら経営、4ヶ月の準備期間に商品開発も行ない、趣向を凝らしたお店を出店をする、商売体験のプログラムです。

「ジュニエコ」もずい分定着してきたようで、昨年以上の多くの子供達が参加し、たいへん賑わっていました。

Ca380450    岡崎商工会議所青年部の「ドン」柴田酒造場の柴田さんです。

その後は、シビコ西広場の屋外会場でジャズを楽しんできました。

Ca380453

昨年はジャズストリートのチケットを購入し、ライブをはしごしてジャズに浸っておりましたが、今年は市民まつりを楽しみながら、無料会場を廻って楽しませていただきました。

Ca380452_2      城北中オーケストラ部の演奏

今年の市民まつりは、景気が低迷している中で、なんとか自分たちで盛り上げていこうという、スタッフのみなさんの熱い思いが伝わってくるような感じがしました。こういったイベントを契機にこの岡崎がますます活性化していくことを期待しています。

|

2010年2月17日 (水)

浅井志津子個展

今日から、岡崎市美術館分館の殿橋ギャラリー(元税務署)にて浅井志津子展が開催されましたので、見学してまいりました。Photo_4

浅井志津子さんは、私と同じ松本町に在住する方で、難病と闘いながら、絵画や能の面打ちなど、芸術活動を続けて見える方です。

初めての個展ということで、私もたいへん楽しみにしておりましたが、素晴らしい能面や絵画を拝見させていただきました。Photo_2

とりわけご家族を描いた絵では、ご家族に対する愛情が満ちあふれており、感激しました。

また、地元の松本町界隈を描いた絵がいくつか展示されておりましたが、普段見慣れた風景をあらためて絵画として表現され、とても興味深く拝見させていただきました。Photo_3

今残しておかなければ、いずれ消えていってしまうふるさとの風景画は、街の財産でもあると思います。地元の皆さんにも是非見ていただきたいものです。

浅井先生には、これからも体をお大事に、いつまでも創作活動を続けていただきますようご祈念いたします。

|

2009年4月26日 (日)

土呂の蓮如さん

「土呂の蓮如さん」として知られる「福岡商工春祭り・土呂蓮如祭り」がありました。 2_2
今年も藤六連のみなさんからお招きをいただきましたので、松本町の仲間とともにで参加してきました。

「土呂の蓮如さん」は浄専寺というお寺で、かつては三河万歳、歌舞伎の公演も行われたということです。現在は地元の福岡商工発展会の主催で、さまざまなイベントが開かれています。

この日は福岡町の商店街が歩行者天国になり、道路沿いには4  露店が並び、多くの人が訪れていました。そこを土呂神興会さんの童神輿と藤六連の太鼓神輿練り込みました。

藤六連さんは、上地八幡宮を氏神様とする氏子を中心とし、集う団体です。地元の和太鼓チーム應呼(おうこ)を母体とし結成されました。
みこし、山車(だし)等は全て仲間たちの手作りで、11月の上地八幡宮例大祭、4月の福岡町土呂蓮如祭では威勢良く太鼓を担ぎ上げ、練り込んでいます!3
現在、会員を募集しておりますので、興味のある方は下記URLまでアクセスしてみて下さい!
http://www.geocities.jp/ouko_ueji/

藤六連のみなさんありがとうございました。能見神明宮の大祭には松本町に遊びに来て下さいね!

Photo_3

|

より以前の記事一覧