« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月10日 (火)

川口市総合文化センター 政務調査視察

視察日:平成24年1月10日(火) 
視察内容:川口総合文化センターについて
視察者:柴田 泉、神谷寿広、吉口二郎、加藤義幸、簗瀬 太

<川口市の概要>
川口市は埼玉県の南端に位置する県内有数の都市で、荒川を隔てて東京都に接し、江戸時代から鋳物や植木などの産業が発達。その後、住宅都市化が進み、平成23年10月11日、鳩ヶ谷市と合併し、人口約58万人となり、首都東京と隣接しているという利便性を活かしながら、固有の伝統ある"ものづくり"のまちとして、活力あるまちづくり・人づくりを目指している。

Photo
<川口総合文化センターの概要>
場  所:JR川口駅西口正面徒歩1分(川口市川口3-1-1)
敷地面積:7,000平米
建築面積:6,234平米
延床面積:35,875平米
タワー棟:S造地下2階、地上14階、塔屋1階、高さ83m
ホール棟:SRC造地下2階、地上6階、高さ37m
駐 車 場:収容数 155台 (200円/30分)
利用時間:9:00~22:00
休館日 :年末年始(12月29日~1月3日)
     毎月第3月曜日は保守点検日のため休館。
施設内容:メインホール、音楽ホール、展示ホール、催し広場、和室1・2・3号
会議室、ギャラリー、練習室
交通機関:JR京浜東北線「川口駅」西口徒歩1分

Photo_2

<川口総合文化センターの運営について>

1.建設の背景
「人と自然と産業が調和する産業文化都市」の実現を目標に、21世紀へ向けて、川口市が進める街づくりのキー・プロジェクトともいえる「川口駅周辺市街地整備構想」の一環として建設された。

2.目的及び基本的理念
(1)質の高い様々な芸術・文化に接する機会を提供することにより、高度化、多様化する市民の文化ニーズに応えていく。
(2)地域の文化活動やその発表の場を提供するとともにコミュニティーの醸成を促進していく。
(3)独自の文化・情報を創造し発信することで、都市のイメージ・アップを図っていく。

Photo_3

3.管理・運営について
(1)管理運営主体
公益財団法人川口総合文化センター(平成元年5月設立)
基本財産5億円(川口市が出資)

(2)管理運営形態…指定管理者制度
公益財団法人川口総合文化センターが受託5年間
第一回 平成18年4月1日から
平成23年3月31日
第二回 平成23年4月1日から
平成28年3月31日

(3)理事会・・・理事15名(理事長(市長)・専務理事・市議会議員3名学識経験者8名)監事2名(公認会計士)

(4)評議員・・・19名(公認会計士、学識経験者、福祉団体長ほか)
(5)財団職員・・18名

〔感想・岡崎市への反映〕

本市においても新文化会館の建設について検討をしており、川口総合文化センターはたいへん参考になる施設である。

Photo_4
2000人規模のメインホールと600人の音楽ホールなど充実した施設で、多くのイベントを開催しており、市外県外からも多数の来館者があるのは見習いたいところである。
また本市では、康生西地区に建設する事も検討されており、商業施設との併設というのも興味深い施設である。

Photo_5
これだけの規模の施設でありながら、市からの持ち出しである指定管理料が4億7千万円というのも特筆すべきではないかと考える。
施設及び運営形態(平成22年度に公益法人化)など大いに参考にすべき施設であると考える。

|

2012年1月 9日 (月)

岡崎水泳協会 寒中水泳

成人式の後には、今や岡崎の冬の風物詩となった「寒中水泳」が、菅生川で開催されました。

Photo_7

この寒中水泳は、岡崎水泳協会の主催によるもので、戦後間もない昭和24年に始められ、高度成長期に河野汚濁により昭和41年を最後に中断されていましたが、関係者の尽力により、平成7年より復活し、現在37回目となっています。

今年は、開会式で成人の抱負を宣言した新成人の4名をはじめ、96名の泳者が参加をしました。

Photo_8   寒中水泳に先立ち、水清め式と破魔矢が射られました。

Photo_9   気温10度、水温5度の中、見ているこちらが凍えそうでした。

|

岡崎市成人式

成人の日の今日、岡崎市でも「成人式」が開催されました。

Photo_4

柴田市長はじめ、多くの来賓から、新成人を祝福し、成人としての自覚を高め、将来にわたり社会人としての資質向上に努められるよう励ましのことばがありました。

新成人からは、代表者が壇上に上がり、成人の誓いを宣言しました。

Photo_5

今年の新成人は3790名とのことです。会場は着飾った多くの新成人で一杯で、入りきれないほどでした。
「成人式」の告知については、案内はがきを岡崎市在住の対象者に発送したそうです。また市外に居住している方についても、希望者には発送しているとのことでした。

Photo_6

式典後には、会場を体育館に移して、中学校当時の先生も出席し、「恩師を囲んでの歓談」として、懐かしい友人、恩師との語らいの場も設けていました。

|

2012年1月 8日 (日)

岡崎市消防出初式挙行

年の新春を迎え、今年も恒例の岡崎市消防出初式が開催されましたが、天候にも恵まれ多くの市民の皆さんも見学に訪れました。

消防職員、消防団員及び婦人自主防災クラブ員等約1,700人が一堂に会し、柴田岡崎市長による査閲や永年消防業務に精励された消防団員などに対する表彰を始め、消防車及び徒歩部隊による分列行進や消防車約120台による一斉放水などを行いました。
Photo

特別演技としてグレート家康公「葵」武将隊による演武や伝統のはしごのりが、岩津消防団をはじめとする北部ブロックの消防団により披露されました。
Photo_2

また、消防職員による実践に即した消防訓練も行なわれました。
Photo_3

昨年は災害に明け暮れた一年でしたが、新年を迎え、防火の誓いも新たに災害のない「安全で住みよいまちづくり」を目指します。

|

2012年1月 1日 (日)

平成24年 謹賀新年

明けましておめでとうございます。

旧年中はたいへんお世話になりました。本年もまたよろしくお願いいたします。

Photo_2
昨年は東日本大震災などたいへん災害が多い年でありました。

新年を迎えるにあたり、本年が平穏で、子どもから高齢者までみんなの笑顔が輝く年になりますことをご祈念申し上げます。

さて、昨年の東日本大震災の教訓として最も重要なことは、想定を超えた災害が発生する可能性は常にあり、その対処には、「減災」の考え方をもって当たるほかないという点であります。

岡崎市議会では、「自らの身の安全は自らが守る」が減災の基本であり、自助・共助・公助、社会の様々な主体が協働し、それぞれの責務を果たし、継続的な災害対策の充実及び強化に努めることを理念に、防災基本条例の制定に取り組み、岡崎市の更なる安全安心なまちづくりの進展を図ってまいります。

私も継続して本条例設置の委員長を務めさせていただくこととなり、心新たに一段と気を引き締めるとともに、本年九月議会での条例制定を目指し、一所懸命に努めてまいります。

Photo     平成24年 岡崎市新年交礼会にて

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »