« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月11日 (日)

敬老会

今日は各学区で敬老会が開催されました。私は広幡学区と愛宕学区の敬老会に出席させていただきました。
広幡学区も愛宕学区も百歳を超える方が2名おみえだそうです。両学区とも会場には多くのお元気な高齢者の方が出席され盛会に開催されました。

Photo    

Photo_2  今年は柴田市長が両会場ともにみえました。

Photo_3  私も一言ご挨拶させていただきました。

Photo_4 愛宕小学校の児童の皆さんの演奏です。

Photo_5 愛宕小全校児童による合唱で敬老をお祝いしました。

Photo_6 市長から学区の敬老代表者に記念品が授与されました。

Photo_7 和太鼓”響”の演奏で幕を閉じました。

Photo_8

|

2011年9月 1日 (木)

岡崎市議会平成23年9月議会開会

岡崎市議会平成23年9月定例会市長提案説明

9月定例会の開催にあたり、柴田市長が所信の一端を述べ、今議会に提案した議案の大要について説明しました。

所信表明として、私が注目したところとは、以下の3点です。

殿橋南の「教育文化館」を閉館し、隣接する「太陽の城」も含めて土地の一体的利用を図るものとし、この有効活用については、商業地区として民間活力を導入した複合施設、例えばコンベンション機能を有するホテルの誘致といったことも視野に入れながら、将来の中核市岡崎を見据えて検討していくこと。

康生西地区では、フジケンの松坂屋跡地進出と、セルビが営業終了となったこと。本市としても康生西地区を新文化会館の候補地の一つとして考えており、これらの状況を踏まえてセルビの跡地取得にむけた用地交渉等を進めていくこと。

今年度、予算編成の新たな取り組みとして、サマーレビューを開催し、予算編成前に課題のある事務事業について効果を検証し、施策・事業の厳格な選択と事務事業の見直しによる、事業費の抑制や経常経費の削減に取り組んでいくこと。

その後、諸議案の説明があり、最後に

『先日、「日本の未来を強くするために必要なものを表す漢字一文字」を募集したところ「絆」という文字が2位の「愛」、3位の「信」を大きく引き離し、1位となったということが発表されていました。東日本大震災を機に、人とのつながりの大切さが見直された結果だと分析されています。私も、この東日本大震災の復興に際しまして、日本人としてのプライド、忍耐強さ、優しさなどを感じ取りました。また、絆を求める気持ちも高まりました。いずれ日本はこの国難を乗り越え、日本の強さを取り戻すものと確信しています。』

として、提案説明を締めくくりました。

明日からは一般質問が始まりますが、台風12号の影響が心配されるところです。本日定例会後の議会運営委員会では、明日議員も防災服を持参して議会に臨むこととなりました。防災服に着替えねばならないような事のないように願っています。

|

今日から新学期!

本日9月1日は、市内の小中学校で2学期の始業式が行なわれました。長いようであっという間の夏休みも終り、2学期が始まります。

Photo

私の中橋交差点での見守り活動も、新学期とともに再開です。これからまた、毎朝少し慌ただしくなりますが、元気な子ども達の笑顔に再会できるのが何よりです。

さて、伊賀川の改修工事も2期目が終了し、中橋付近も川幅が拡幅されるなどの改修が完了しました。

Photo_2
写真の矢板は、今秋から始まる中橋の基礎部分の補強工事のため、残してあるそうです。
その第3期目の工事内容については、9月13日に広幡市民ホームにて説明会が行なわれますので、またご報告いたします。

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »