« 暮れの風物詩「餅つき」 | トップページ | 岡崎市、子宮頸がん等ワクチン接種の公費助成を開始 »

2011年1月 1日 (土)

岡崎市新年交礼会

岡崎市平成23年新年交礼会が岡崎市中央総合公園武道館にて開催されました。

毎年楽しみなオープニングアトラクションは、りぶらジャズオーケストラJr.岡崎Beanzzによる軽快なジャズの演奏でした。中学生中心のジュニアバンドとはいえ本格的な演奏で出席者を楽しませてくれました。

式典は、武田副市長の開会の言葉で始まり、国歌・市歌の斉唱に続き、柴田岡崎市長の年頭のことばがありました。

Photo_5

昨年の主な事業を振り返り、今年の主な事業について話がありました。

特に私の記憶に残った内容は、

・新クリーンセンターの供用開始とそれに伴うゴミの分別の変更。

・浸水警報装置等からの水位雨量情報などのリアルタイム情報提供システム(これは私が9月議会で一般質問をした内容でもあります)。

・西三河南部医療圏の分割による4月からの岡崎市と幸田町の新医療圏体制の開始と岡崎市民病院の放射線病棟建設(一昨年の9月議会で山本議員が、12月議会で私が一般質問いたしました)。

・学区福祉委員会の市内全学区発足(平成10年から閣学区で設置を進めてまいりました)。

・障がい者自立支援法の改正に伴い、福祉の村に子ども発達センター、重度障害者デイサービス施設の整備着手。

・子宮頸がんワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの接種交付金の準備。

などです。

その後、岡崎商工会議所の古澤会頭、岡崎市議会の柴田泉議長などの年頭挨拶がありました。

本年、岡崎市政がますます進展し、安全安心なまちづくりが更に進むとともに、市民福祉が向上することを心より祈念いたします。

|

« 暮れの風物詩「餅つき」 | トップページ | 岡崎市、子宮頸がん等ワクチン接種の公費助成を開始 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事