« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

図書館利用者情報流出事件の和解

岡崎市図書館業務システムの開発業者であり、ソフトウエア保守業務を実施しているMDIS(三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社)が、図書延滞者等163人分の個人情報を流出させた、図書館利用者情報流出事件(今年9月に発覚)について、MDISが全面的に非を認め、岡崎市と11/26に和解をいたしましたので報告します。

和解の内容は、図書館業務の新システム導入のためにH22.9.21契約した、新型サーバを含む機器リース契約を白紙撤回、契約不履行(リース契約の解除)によりに発生する一切の費用負担はMDISが行なうとともに、MDIS以外の業者による次期新システムを導入するまで(H24.12.31まで)は、現在の機器等に必要なアップグレードを行ないリース延長し、その保守業務はMDISが無償で行なう事となりました。

今回の情報漏洩事件は、9月定例市議会で私が一般質問をした岡崎市中央図書館事件(Librahack事件)の図書館蔵書検索システムの業者の不祥事ということで、私も憂慮しておりましたが、一応の決着がついたようです。

詳しい内容については、12月議会中に報告があるとのことです。今後は他の業者から新しいシステムを導入していくこととなりましたが、これからもしっかりと見守っていきたいと思います。

|

2010年11月26日 (金)

座談会「フィルムコミッションについて考えよう」

岡崎商工会議所内のNPO岡崎都心再生協議会・おかざき観光コンベンション研究会の主催による、座談会「フィルムコミッションについて考えよう」が岡崎公園内「巽閣」にて開催されました。

愛知県東三河広域観光協議会 事務局長の鈴木恵子さんと(株)オフィスクレッシェンド 代表取締役 長坂信人さんを講師にお招きし、卓話と意見交換をいたしました。

はじめに東三河広域観光協議会の鈴木さんから「ほの国 東三河ロケ応援団」の活動紹介がありました。
東三河広域観光協議会はJAPAN Film Commission's に加入していないのでFC(フィルムコミッション)という名称を使わず「ほの国 東三河ロケ応援団」としているとのことでした。しかしその分自由な活動をしており、「かゆいところに手が届くFCとして、様々な制作者から高い評価を受けています。

ロケで使ってもらえる事による経済効果もさることながら、エキストラ等で映画施策に参加することによる、地域の活性化についての話は、たいへん興味深いものでした。

Photo

(株)オフィスクレッシェンド 代表取締役 長坂信人さんからは、映画やTVの制作側からのお話がありました。

(株)オフィスクレッシェンドは「20世紀少年」「トリック」などの映画作品を制作している、国内有数の制作会社ですが、代表の長坂さんは岡崎市出身で、今回の座談会にも快く出席していただいたそうです。

映画制作というのはとてもリスクが高い事業で、また日本では監督の権限が大きく、プロデューサー(制作側)は経費の制限などの狭間で、たいへん苦労が多いとのことでした。

以前はロケハンなどについては、制作スタッフがすべてやっていたが、最近は各地のFCがやってくれるので、経費や時間がずいぶん削減できている。しかし、それに甘えてばかりではいけないが。

特に注意しなければいけないのは、FCが手配をしてくれているとはいうものの、地域には、ロケに反対の人もいると言うこと。特に一番困るのは無関心な人たちであるとのことでした。

Photo_2

座談会の意見交換の中では、ロケには様々な許認可や各種の条例に抵触するなどのことが日常的に発生するので、行政の協力、とりわけ市議会議員などの理解が欠かせないという話もありました。

今回の座談会には、私の他に柴田議長をはじめ、山本議員、園山議員、鈴木議員と5人の議員が出席しておりましたので、たいへん有意義は意見交換ができたと思います。

|

2010年11月16日 (火)

岡崎南中学 全日本合唱コンクール金賞記念ニミコンサート

岡崎南中学の合唱部が、10月31日に兵庫県立芸術文化センターで開催された、第63回全日本合唱コンクール全国大会で金賞を受賞いたしました。 おめでとうございます。

受賞を記念して市役所ロビーにてミニコンサートが行なわれましたので、お祝いかたがたその美しいハーモニーを聴いてまいりました。

Photo_5

さすがに全国大会金賞のチーム、すばらしいハーモニーでした。

またその折に岡崎の新しい歌「おかざきの心の歌 ー夢受け継いでー」の披露がありました。

この歌は11月20日に開催される「岡崎のハーモニー」で一般の方々にお披露目される予定の歌で、一足先に聴かせていただきました。

歌詞と楽譜はこちら↓

「okazakinokokoronouta.pdf」をダウンロード 

|

2010年11月14日 (日)

やなせ太後援会親睦バスツアー 松川りんご狩り

11月14日(日)に、やなせ太後援会の親睦バスツアーを開催いたしました。
後援会の親睦バスツアーは今回が初めてで、今年の1月の後援会総会にて、今年度はなにか会員親睦行事をやっていこうと言うことになりまして、青年部(一部では後援会年行司と呼ばれています)を中心に企画をしていただきました。

Photo_2
なにぶんにも初めてのことでしたので、試行錯誤の連続でスタッフの方達もたいへんであったと思います。
そんなわけで何かと不手際などもあったかと存じますが、参加していただいた皆様には、改めてお詫び申し上げると共に厚く御礼申し上げます。

当日の朝は、厚い雲が垂れ込めてきており天候が心配されましたが、心配された雨も降らず、午後からは青空も見え、風のない過ごしやすい一日となりました。

行程は、中央道松川IC降りてすぐの大場農園さんでりんご狩り。その後、恵那市の山菜園さんにてしゃぶしゃぶの食べ放題昼食。その後に土岐プレミアムアウトレットにて、買い物or散策など。高速道路が渋滞する前に岡崎に帰ってくるというコースです。

Photo_4
大場農園さんでは、たいへん甘くておいしいリンゴがたわわになっており、「お昼が食べられなくなっちゃう」と言いながらも、みなさんぱくぱくリンゴを頬張っていました。もぎたてのおいしいリンゴにご満足いただけたようです。

山菜園の昼食では、しゃぶしゃぶの食べ放題ということで、お腹に気合いを入れていただきました。食べ放題ということでお肉の質は期待していなかったのですが、どうしてどうして、柔らかくてお肉の味もしっかりと楽しめる、おいしいお肉でした。皆さん「肉ばかりあまり食えるもんじゃない」などと言いながら、追加追加でたくさん召し上がって見えました。いやあ満腹満足!

Photo_3
最後に寄った土岐プレミアムアウトレットでは、ちょうどセールの日と重なったようで、すごい人出でした。駐車場もいっぱいで、バスもかなり遠くの駐車場にしか置けないとのことでした。場内もたいへんな賑わいであちこちに長蛇の列ができており、不況など吹っ飛ばすかのような活気でした。買い物目当ての方々にはちょうど良い日取りだったようですが、休憩場所を探すのもひと苦労なほどでしたので、買い物をされない方は、少しもてあまし気味になったかもしれませんね。

おかげさまで渋滞に捕まることもなく、無事岡崎に戻ってくることができました。企画・準備をしてくれた青年部(後援会年行司)のみなさん、またツアーのすべての手配をしていただきました名鉄観光バスさんありがとうございました。

また来年もできたらいいなと思います、これからもよろしくお願いします。

|

2010年11月10日 (水)

岡崎市新一般廃棄物焼却処理施設 火入れ式

平成19年6月から着工されていた、岡崎市新一般廃棄物中間処理施設(新しいゴミ焼却場)の焼却炉施設が完成いたしました。

そこで、溶融炉等の機械設備が据え付けられ運転を始めるにあたり、今後のつつがない運転と安全を祈願するため、溶融炉に火を入れる儀式「火入れ式」が行われ、柴田市長はじめ関係者約120名が出席いたしました。

Photo

焼却炉は来年3月頃まで試運転を行い、外構工事などの整備を経て、23年6月から本稼働する予定です。

Photo_2  Photo_3

現在、岡崎市のゴミ焼却処理は、八帖クリーンセンターと中央クリーンセンター。しかし、施設の老朽化による処理能力の低下と排出されるごみの多様化などにより、施設への負担が増大している状況です。

そこで、「安全」に「安定」してごみを処理し、市民の皆様に「安心」していただけるゴミ処理体制を維持するため、老朽化している八帖クリーンセンター2号炉と中央クリーンセンターに代わる施設建設として、新一般廃棄物中間処理施設建設事業を進めています。

Photo_4  Photo_5

この焼却炉は処理方式として「シャフト炉式ガス化溶融炉」方式を採用しており、1000~1800度の高温で処理し、最終的に排出されるスラグやメタルの資源再利用を行うと共に、燃焼熱発電によるエネルギー活用を行う予定です。

Photo_6

また岡崎市では、この新一般廃棄物中間処理施設の供用開始に併せて、不燃ごみとしていた硬いプラスチック製品、CD,DVD、バケツ、歯ブラシなどプラスチックのみでできたものを、平成 23年2月14日から可燃ごみへ変更する予定です。

環境部では、この分別変更に係る説明会を全市を対象に順次開催していくとのことでした。

|

2010年11月 7日 (日)

城北中学校文化祭&愛宕小学校学区文化祭

本日は、私の母校であり次男が在学している、城北中学校の文化祭が開催されましたので、見学してきました。

今回のテーマは「がむしゃら ~空より大きな思い出を~」です。

「我を忘れて、歌練習や作品作りなどに全力で取り組み、空より大きな思い出を作りましょう」という生徒会の思いが込められています。

体育館では、オーケストラ部の演奏、茶華道部のフラワーパフォーマンス、理科部の理科実験の実演で開幕し、クラス別の合唱コンクールが行なわれました。

Photo

3年生の合唱は、やっぱりいいですね。それぞれの想いの込められた歌声が胸に響きました。

昼食は、恒例のPTAバザーでカレーをいただきました。保護者全員の協力で毎年行なっていますが、今年もおいしい料理をありがとうございました。

Photo_2

午後からは展示会場を見学してきました。

生徒や保護者、教師などによる作品展や理科部の実験コーナーなどを見学しましたが、今年おもしろかったのは、からくり実演でした。もと磯谷元校長先生の指導により3年生がからくりおもちゃの実演をしました。

Photo_3

からくりの動きなども興味深いものでしたが、生徒達のパフォーマンスがおもしろく、会場中が大笑いしていました。

次に愛宕小学校で学区民による文化祭が開催されましたので、こちらの会場に移動しました。

Photo_4

愛宕学区では毎年、学区民のみなさんの作品展ろ中心とした学区文化祭が行なわれていますが、出展作品のレベルが高く、毎年感心させられます。

児童の作品も展示されていますが、学区主催の文化祭を行なっているのはたいへん珍しいことであると思います。

愛宕学区のみなさんの文化レベルの高さには、今年も驚かさせました。

それから、豚汁とおにぎり、とってもおいしゅうございました。ちょっと肌寒くなった季節に温かい豚汁はたまりませんね。

また来年も楽しみにしています

|

2010年11月 6日 (土)

秋の市民まつり&岡崎ジャズストリート

今日は岡崎市の秋の市民まつりが開催されました。5年前からは岡崎ジャズストリートも同時開催されるようになり、「春は桜、夏は花火、秋はJAZZ」と今ではすっかり岡崎の恒例行事として市民に定着してきましたようです。Ca380447

まず、岡崎公園で行なわれている「商工フェア」に行ってまいりました。
今年は岡崎ご当地グルメを目指す「八丁味噌のまぜそば」が初登場!柴田市長も開会の挨拶の試食してました。ということで私も早速食べてみました。すでに行列ができていましたが、麺の茹で上がりのタイミングでぐぐっと進みますので、それほど待たずに食べられました。

Ca380442

「八丁味噌のまぜそば」は、三河のラーメン店有志が、このご当地グルメで三河を元気に盛り上げていきたいと、「B-1グランプリ」目指して、地元で愛され続ける八丁味噌を使って作った、スープのないタイプのラーメンです。

Ca380444_2   

料金は1杯500円。今回は、この「八丁味噌のまぜそば」を提供している各ラーメン店が集まって「三河流まぜそば会」として出店。今まで各店で提供している八丁味噌まぜそばとは、味も仕様も全く異なったオリジナルメニューとのことです。

写真を撮っておけば良かったんですが、おいしそうだったんでいきなり食べてしまいました。(^^ゞ

Ca380445_2

八丁味噌を使った味噌だれが太麺とよく合っていました。また、シャキシャキのモヤシや焼肉、メンマ、トマト、タマネギなどがよくマッチしてました。トマトの入ったラーメン初めて食べましたが、案外いけるもんですねえ。

八丁味噌をつかった新たな岡崎の名物になるか?目指せ「B-1グランプリ」!

Ca380446

その他にもたくさんのブースがありましたが、たくさんの人出で、各ブース賑わっておりました。

Ca380441

ジャズストリートの開会セレモニーをチラ見しながら、次に行ったのは、籠田公園で開催されている「ジュニア・エコノミー・カレッジ(ジュニエコ)」です。

Ca380448

「ジュニエコ」は、参加する小学生達が仮想株式会社を設立し自ら経営、4ヶ月の準備期間に商品開発も行ない、趣向を凝らしたお店を出店をする、商売体験のプログラムです。

「ジュニエコ」もずい分定着してきたようで、昨年以上の多くの子供達が参加し、たいへん賑わっていました。

Ca380450    岡崎商工会議所青年部の「ドン」柴田酒造場の柴田さんです。

その後は、シビコ西広場の屋外会場でジャズを楽しんできました。

Ca380453

昨年はジャズストリートのチケットを購入し、ライブをはしごしてジャズに浸っておりましたが、今年は市民まつりを楽しみながら、無料会場を廻って楽しませていただきました。

Ca380452_2      城北中オーケストラ部の演奏

今年の市民まつりは、景気が低迷している中で、なんとか自分たちで盛り上げていこうという、スタッフのみなさんの熱い思いが伝わってくるような感じがしました。こういったイベントを契機にこの岡崎がますます活性化していくことを期待しています。

|

2010年11月 2日 (火)

10月23日の土曜日に第7回チャリティ岡崎おやじ杯ソフトボール大会が美矢井橋公園グランドにて開催されました。

この大会は「おやじの会相互の親睦を図ると共に、より一般に幅広く理解・賛同を得る事で、地域の宝である子ども達に「おやじ」を見てもらう活動の会の輪を広げる」ことを主旨に、市内各校の「おやじの会」が参加し、年齢・職業・出身。地域・などを超えた「おやじ」達が、地域で人として自分は何ができるか、を肩の力を抜いて考えられる機会の場として平成16年から毎年開催されている大会です。

また、大会参加費や参加者からのチャリテー募金を、毎年平和学園へ寄附しています。

今年は過去最高の16校の参加により盛大に開催されました。各グループリーグに分かれて各チーム3試合ずつ行い、勝率等で順位が決定いたしました。

Photo

優勝は初出場の「広幡幼稚園父親活動チーム」でした。やはり若さの勝利でしょうか?
われわれ「広幡小ヒーローズ」は5位。今までにない上位の結果に選手も満足気でした。

今年は、上地小が幹事校を務めてくれ、たいへんスムーズに運営されました。来年は広幡小が幹事校になります。

今年の上地小の運営を参考に来年も楽しい大会としたいと思っています。各校のおやじの会のみなさん、よろしくお願いします。

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »