« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

平成22年度岡崎市当初予算の概要

ブログへのアップが遅くなって申し訳ありませんでした。3月議会も無事閉会し、平成22年度の岡崎市当初予算がかけるいたしましたので、予算の概要についてご報告いたします。

1 地域で支えあい安全に暮らせるまちづくり(市民生活・ 地域社会の充実) 
・男女共同参画基本計画策定業務Photo
・交通安全施設整備業務 
・防災無線・防災ラジオ整備業務
・防災備蓄倉庫整備業務 
・消防・救急無線整備業務
・消防自動車等購入業務 

2 健やかに安心して暮らせるまちづくり(保健・ 医療・ 福祉の充実) 
・がん等検診業務Photo_2
・自殺予防対策業務
・高齢者福祉施設等建設助成業務
・高齢者福祉施設等消防設備整備助成業務
・子ども手当支給業務
・六ツ美北保育園園舎移転新築業務
・若松保育園園舎建替業務
・私立保育園園舎建替補助業務
・保育サービスの充実 
・地域の中核病院としての機能の充実

3 自然と調和した環境にやさしいまちづくり(環境共生都市の実現) 
・こども自然遊びの森整備業務Photo_3
・水循環推進業務
・地球温暖化対策実行計画策定業務
・家庭用新エネルギー設備等購入費補助業務
・新一般廃棄物中間処理施設建設事業

4 賑わいと活力あるまちづくり(経済の振興) 
・中小企業資金融資事業Photo_4
・企業誘致業務
・緊急雇用創出事業
・湛水被害防止事業
・林業支援事業
・ご当地検定実施業務

5 快適で魅力あるまちづくり(都市基盤・ 生活基盤の整備) 
・中心市街地活性化推進事業
・岡崎駅東土地区画整理事業
・シビックコア地区整備推進事業
・組合施行土地区画整理助成事業
・東岡崎駅周辺地区整備推進事業Photo_5
・藤川地区整備推進事業
・交通政策推進事業
・街路・道路新設改良事業
・橋りょう新設改良・修繕事業
・公園整備事業
・河川・排水路改修事業
・市営住宅建設事業
・下水道事業の主な取り組み
・水道事業の主な取り組み

6 未来を拓く人を育むまちづくり(教育・ 文化の振興) 
・小学校英語指導補助者派遣業務Photo_6
・健全育成推進業務
・総合教育センター(仮称)設立事業
・英語教育課程研究業務
・環境科プログラム推進業務
・小学校整備事業
・中学校整備事業
・中学校新設事業
・子ども科学館(仮称)設立事業
・生涯学習推進計画策定業務
・旧本多邸復元活用事業Photo_7
・新編岡崎市史額田資料編編さん業務

7 将来まで自律した状態が続く都市経営(自律した都市経営の実践)
・納付機会拡充業務

|

2010年3月24日 (水)

千万町小学校閉校式

今日は岡崎市内の小学校の終業式でした。私の学区の広幡小学校も今日が終業式ということで、毎日の中橋交差点での見守り活動も今年度は最終日となり、雨の中、子ども達の今年度最後の登校を見送ってきました。また4月から元気な顔を見せて下さいね。

さて、来年度から宮崎小学校に統合される、千万町小学校では、本日閉校式を迎えることになり、3/7(日)の統合記念式典に続き、閉校式に出席してまいりました。

明治7年の創立以来、136年間の歴史と伝統を持つ千万町小学校も、時代の流れの中で本年度末を持って閉校し幕を閉じます。

閉校式では、柴田岡崎市長をはじめ教育委員会や市、県の関係職員、市議会議員、そして学区の皆さんが多数出席して挙行されました。

はじめに校旗が校長から教育委員会に返納されました。

その後、児童、OBによる全校音楽マリンバの合奏がありましたが、これが最後の演奏かと思うと、自然と目頭が熱くなってきました。

「ありがとう、そして未来へ 心のふるさと千万町小学校」

|

2010年3月22日 (月)

ヒーローズ 教室のガラス飛散防止フィルム張り

少し前になりますが、3/13に広幡小学校のおやじの会・ヒーローズで学校の教室のガラスに飛散防止フィルムを貼りましたので、ちょっと報告したいと思います。Photo

昨年もヒ-ローズで飛散防止フィルムを貼りましたが、すべての教室のガラスに貼ることができなかったので、残りのガラスにフィルムを貼ろうということで招集がかかり、2階の教室から貼っていきました。

子ども達の安全のためにと力を合わせて頑張りましたが、時間切れですべての教室までできませんでした。

また近々残りの教室のガラスもすべて貼付していきたいと思います。

お父さん達お疲れさまでした。また今度も頑張るぞ!

4月に新入生になるお子さんのお父さんも手伝ってね!よろしくです。

|

2010年3月20日 (土)

交通安全・地域安全市民総決起大会

悲惨な交通事故の撲滅を図り、また近年激増する犯罪を未然に防ぐため、市民の決意を新たにし、37万市民総参加による交通安全・地域安全活動を積極的に推進するため「平成22年 交通安全・地域安全市民総決起大会」が挙行されました。Photo

岡崎市では、昨年交通事故死者が19名あり、今年に入ってすでに6名の方が尊い命を失っています。

こうした事態を受けて、1月26日に開催した岡崎市交通安全推進協議会総会の場において柴田市長が急遽、悲しい交通死亡事故の抑止を市民に広く訴えるため、交通死亡事故抑止緊急アピールを行ったところでもあります。

そんなわけで、毎年開催されている市民総決起大会ですが、今年は例年になく緊迫感がありました。Photo_2

最後に皆で「誓いの言葉」を唱和して会を閉じました。ちなみに「誓いの言葉」以下のとおりです。

1.私たちは、家族、地域、職場から交通事故を出さないよう努めます。
1.私たちは、常に温かい心で、子どもやお年寄り、体の不自由な人たちを交通事故から守ります。
1.私たちは、飲酒運転を絶対にしません。させません。
1.私たちは、高い誇りと強い熱意を持って活動の先頭にたち、安全で、安心して暮らせる地域社会の実現をめざし、警察をはじめ、関係の機関・団体との連携を密にするとともに、地域の人々と手を携え、地域安全活動を推進します。

|

2010年3月19日 (金)

広幡小学校 卒業式

3月定例議会の開催中で、ヒアリング(議案の聴取)や常任委員会での議案審議などの忙しさにかまけて、2週間ほどブログの更新がお留守になっておりました。Photo
申し訳ありませんでした。今週で概ね22年度当初予算の審議もすみ、来週の本会議での採決に向けて、やっと一息ついたところです。

3月議会については、また後ほどご報告いたしますので、よろしくお願いいたします。

さて、今日は岡崎市内の小学校の卒業式です。私の息子も本日広幡小学校を卒業いたしますので、卒業式に行ってまいりました。Photo_2

広幡小学校の卒業式はここのところ毎年出席してはいますが、子ども達や先生方の想いというものが、独特の緊張感をかもし出しています。
とりわけ自分の子どもが卒業と言うことで、感慨もひとしおでした。

広幡小学校では、卒業式のあとに恒例の懇親会として、PTAの学級委員さん達主催で「卒業を祝う会」を毎年開催していますが、今年は図書間交流プラザ「りぶら」の大ホールを使っての開催となりました。Photo_3

昨年は矢作のサンピア岡崎、一昨年は広幡町の高砂殿などで開催していましたが、年々開催する会場が無くなってきてしまい、会場選びに苦労をしていました。
そこで今年はりぶらホールを借りて、みんなで手作りの「卒業を祝う会」となりました。

さすがに料理は六本木さんのケータリングサービスをお願いしましたが、ホール使用の打合せや前日の会場設営から片付けまで、学級委員さん中心に、PTA役員さん達にも手伝ってもらい、無事開催できました。Photo_4

恩師のたのしいトークや記念の写真ビデオの上映、想いでの学芸会映像など、ホールの特長を生かしたプログラムを組んでみましたが、
卒業生だけでなく保護者の方々も楽しんでくれたようです。

準備等なかなかたいへんでしたが、やったかいがあったというものですね。

学級委員のみなさんお疲れさまでした。そして、卒業生のみなさん、卒業おめでとう!

|

2010年3月 7日 (日)

愛のレター作戦

今朝は、広幡小学校の「愛のレター作戦」に同行してまいりました。

「愛のレター作戦」などというとラブレターかなにかと勘違いしそうですが、広幡小学校の児童達が、学区の一人暮らしのお年寄りの方々に手紙を書いて渡すというものです。

今は、学区福祉委員会の高齢者訪問と合同で行っており、町内単位で総代さん達と、六年生の代表児童が一緒になって町内の独居高齢者のお宅を訪問しています。

そんなわけで、私も自分の町内の独居高齢者のお宅を総代さんや代表児童とともに訪問してまいりました。どのお年寄りも、子どもから手紙と粗品を渡されるととても嬉しそうにされ、こういう地道な活動の大切さを改めて感じました。

写真を撮っておけば良かったんですが、雨が降っていたので傘とお渡しする品物とで両手がふさがり撮れませんでした。(^^ゞ

|

2010年3月 6日 (土)

千万町小学校「統合記念式典」

明治7年の創立以来、136年間の歴史と伝統を持つ千万町小学校も、時代の流れの中で本年度末に閉校し、宮崎小学校へ統合し、その歴史に幕を閉じます。Photo_3

そこで千万町小学校では、同窓生や地域の人々など約200人規模で集まり、全校児童5人の子どもたちの奏でるマリンバの響きや親子OB演奏などに、母校への感謝と未来への希望を託す「統合記念式典」が開催されました。

地元の梅村議員から「是非見に来てよ」とお誘いをいただきましたので、私も見学してまいりました。

校長先生や来賓、関係者の方々がそれぞれの思いを込めてご挨拶されました。特に校長先生は、廃校ではなく閉校でもなく、統合であることを強調されていました。Photo_4

そしてなにより子どもたちの挨拶がとってもすばらしいものでしたので、少しウルウルしてしまいました。年とともに涙もろくなってきたようです。

式典の後、子ども達や卒業生、保護者による合奏が始まりました。全校音楽として全国3位などたいへんな実績を持つ千万町小の最後の合奏は、とてもすばらしく、でも少し切ない心にしみるものでした。

これからも千万町小の心は消えることなく次の世代につながっていくことを祈念しています。

帰りに、今定例会で議案となっている「岡崎市額田保健センター」と「岡崎市ふれあいデイサービスセンター」を見てまいりました。Photo_5

「岡崎市額田保健センター」は保健センターとしての機能をげんき館に移すことにより廃止となり、当面は倉庫として使われるとのことです。

また「岡崎市ふれあいデイサービスセンター」は額田の豊富学区市民ホームと併設されている施設ですが、指定管理者制度を活用し民間にその運営を委託していくとのことです。Photo_6

あいにく土曜日であったので、両館とも閉まっており、中を拝見することはできませんでしたが、今度の福祉病院委員会で審議する議案でもありますので、どんな建物か確認できただけでも良かったと思います。

|

2010年3月 5日 (金)

トトロの会閉講式

今朝は、広幡小学校PTAの読み聞かせの会「トトロの会」の今年度最後の日ということで、閉講式を行いました。Photo_2

トトロの会では授業前の15分程度の時間を使って、子ども達に絵本などの読み聞かせを行っています。私もメンバーの一人として読み聞かせをしていますが、私の場合は落語専門でして、読み聞かせというより、噺し聞かせって感じですが。(^o^)V

今年で自分の子ども小学校を卒業してしまうので、広幡のPTA活動からも少し離れてしまうのが少し寂しいところですが、このトトロの会は学校ボランティア活動の一つでもあり、OBも一緒に活動をしていますので、来年以降も今までどおり噺し聞かせをしていきたいと思います。

|

岡崎市議会3月定例会代表質問

3月2日、3日、4日の岡崎市議会3月定例会の内容を報告いたします。

2日と3日は各会派の会長による代表質問が行われました。Photo
4日は、議案説明ということで、条例の改正等の議案について説明がありましたが、3月議会では22年度当初予算が議案に上がっておりますので、ぶ厚い予算書を各担当の理事者(部長さん達)から一気に説明を受けていきますので、目で追っていくだけでもたいへんで、くたくたになってしまいました。
この予算内容を委員会にてしっかり審議をしていかなければなりませんので、あらためてしっかり読み下し、充分に精査していかなければなりません。
なんと言っても予算審議は最も重要な議案ですので、たいへんですが頑張って、しっかり審議していきたいと思います。

なお代表質問の内容は下記の通りでした。

○平成22年3月2日

稲垣 良美 議員(自民清風会)

1 市民生活・地域社会の充実について
 (1) 市民活動支援(市民協働)
 (2) 災害時要援護者支援制度
2 保健・福祉・医療の充実について
 (1) 市民病院改革プランの成果と課題
 (2) がん検診、ワクチン投与の助成
 (3) 放射線治療装置導入と別病棟
 (4) 学区福祉委員の活動
 (5) 新公衆衛生センター
3 地域の振興について
 (1) 農業バイオセンター事業
 (2) 桑谷山荘事業
4 都市基盤・生活基盤の整備について
 (1) 名鉄東岡崎駅及び周辺整備計画
 (2) 大型商業施設撤退に伴う行政の対応と新文化会館構想
 (3) 平成20年8月末豪雨後の浸水対策
 (4) 政権交代による国の道路事業への影響と今後の予定
 (5) 入札制度
5 教育・文化の振興について
  旧本多邸再築に対する考え
6 庁内体制について
  危機管理に対する考え方
7 平成22年度予算について
 (1) 予算編成の基本方針との整合性(結果)
 (2) 歳出抑制の主なもの
 (3) 市債と基金の積極的活用による将来への影響
 (4) 今後の財政運営上の課題

原田 範次 議員(ゆうあい21)
1 平成22年度の財政基盤について
 (1) 平成22年度歳入
 (2) 平成22年度歳出
 (3) 新たな財源施策
2 地域で支えあい安全に暮らせるまちづくりについて
 (1) 市民自治の実現
 (2) 安全社会の構築
 (3) 防災体制の充実
3 健やかに安心して暮らせるまちづくりについて
 (1) 公衆衛生の確保
 (2) 地域福祉の推進
 (3) 高齢者福祉の充実
 (4) 児童福祉の充実
4 自然と調和した環境にやさしいまちづくりについて
 (1) 自然環境の保全と活用
 (2) 良好な生活環境の確保
 (3) 地球環境の保全
5 賑わいと活力あるまちづくりについて
 (1) 商工業の振興
 (2) 農林業の振興
 (3) 山村の振興
 (4) 観光の振興
6 快適で魅力あるまちづくりについて
 (1) 市街地の整備
 (2) 生活基盤の充実
 7 未来を拓く人を育むまちづくりについて
 (1) 学校教育の充実
 (2) 生涯学習・スポーツの推進
8 将来まで自律した状態が続く都市経営について   
 (1) 参加と協働による市政の推進
 (2) 効率的な行政運営の推進

○平成22年3月3日

坂井 一志 議員(公明党)

1 平成22年度予算編成と財政運営について
 (1) 行財政改革と事業仕分け
 (2) 地域主権
 (3) 子ども手当の地方負担
2 保健・医療・福祉の充実について
 (1) 地域で支える協働型福祉社会の構築

 (2) 保健・医療・福祉の連携と岡崎市医師会公衆衛生センターの役割
 (3) 地域医療体制とがん治療の充実

3 都市基盤の整備について
 (1) 安全・安心のまちづくり
  (2) 公共交通の現状と課題
 (3) 名鉄東岡崎駅周辺整備
 (4) 中心市街地再整備計画と新文化会館建設構想
 (5) 観光振興アクションプランの推進
 (6) 森林ビジョン策定と森林環境税
4 都市環境の整備について
 (1) 低炭素社会づくりの推進
 (2) 新一般廃棄物中間処理施設
 (3) 景観計画
 (4) 緑の基本計画
 (5) 公共下水道整備の現状と課題
5 教育の振興について
 (1) (仮)総合教育センター
 (2) (仮)新南中学校建設
6 雇用対策について
  緊急雇用創出事業
7 市民協働によるまちづくりについて
 (1) 市民協働推進計画
 (2) 市民活動団体間のネットワーク化
 (3) 市民活動への財政的支援(ファンドなど)
8 指定管理者制度について

|

2010年3月 1日 (月)

3月岡崎市議会定例会開会

3月岡崎市議会定例会が開会となりました。

例年この3月議会では、来年度当初予算の審議がメインとなりますが、今年は厳しい財政状況により、抜本的な予算の見直しを行っているので、特に慎重な審議が求められるところです。

初日の今日は、市長からの提案説明が行われましたが、今回は柴田市長だけでなく、石川、加藤両副市長からも詳細にわたる提案説明がありました。やはり、それだけ重要な内容が多くあると言うことでしょうか。これから約1ヶ月間にわたりしっかりと審議していきたいと思います。

また、2月19日から本会議の映像がインターネット配信されるようになりました。

映像の編集のため生中継はなく、会議日程から10日程度遅れての配信のようです。

 (岡崎市議会 議会映像) http://www.gikai-tv.jp/dvl-okazaki/ 

現在は12月定例会の映像が配信されています。私の一般質問の映像もありますので、ぜひご覧になってください。

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »