« 中央市民センター学習発表会 | トップページ | 3月岡崎市議会定例会開会 »

2010年2月28日 (日)

りぶらまつり

岡崎市図書館交流プラザりぶらは、2008年にオープンして以来、Photo_7 図書館をはじめ魅力ある生涯学習拠点として、多くの学びや個性、交流を育んできました。その蓄積を解放し、新たな活動を可能性を創造する市民手づくりのおまつりが「りぶらまつり2009」であるとのことです。
 キーワードは『つながりんぐ』。「りぶら解放区の日」として、文字通りりぶら全館を開放した自由な空間の中、「人と人」、「活動と活動」、「アイディアとアイディア」が環になって生まれた8つのグループが50余りの魅力的な企画が展開されました。

私は、27日(土)のオープニングと28日(日)のフィナーレ前を見学に行きましたが、たいへんな賑わいで、活気にあふれる市民活動の底力を感じました。

主な内容、8つのテーマ別グループPhoto_8

①「NPOえんにち」婚活ならぬ街活
②「とびだすガチャどん」激しく楽しく元気よく
③「のんびりぶら」愛やつながりを無限大に解放
④「アーティステックさろん」アートdeアートなりサイクル
⑤「ラブック」本故知親
⑥「夢をかたちに」向こう三軒両隣のわ
⑦「団暖弾」集まって、暖まって、弾けよう!
⑧「総合サポート」萬だわっしょい

テーマ別に分かれたグループごとにイメージカラーや魂ワードが設定され、お祭りを一層華やかなものにしています。Photo_9

また、岡崎市からは都市計画課が「市民景観まちづくり」のブースを、教育委員会から「紹介します!旧本多邸」のブースが出ていました。

景観のブースでは、景観に関するアンケートをとっていましたが、たくさんのアンケートが集まっており、ボードにいくつか張り出されていましたので、拝見させていただきましたが、いずれもふるさと岡崎に対する思いの深さや景観とまちづくりの意識の高さを感じさせるものでした。Keikann

また、旧本多邸のブースでは、詳しい紹介資料や写真が展示してあり、旧本多邸が、建物だけでなくインテリアや家具なども全てオリジナルが当時のままに残されている、全国的にも貴重なものであることがよくわかりました。

その他、広幡PTAのママ達や、JCのメンバー、手作り甲冑の多々内さんなど、多くの知り合いの方々もブースを出しており、まさに市民手作りのイベントなんだなと感じました。

来年もぜひ「りぶらまつり」を開催してほしいものです。楽しみに期待してま~す!

|

« 中央市民センター学習発表会 | トップページ | 3月岡崎市議会定例会開会 »

地域活動」カテゴリの記事