« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

後援会、総会・新年交礼会

本日は、やなせ太後援会の総会ならびに新年交礼会を開催いたしましたところ、大変多くの皆様にご臨席を賜り誠にありがとうございました。
皆様のご協力で総会の議事についても無難に進行することができました。

また、ご多忙中ご臨席を賜りました内田県議、米村副議長、稲垣会派会長から、過分なるお言葉をいただき、重ねて御礼申し上げます。

総会後の新年交礼会では、多くの皆様とお話することができ、たいへん楽しかったとともに勉強にもなりました。

限られた時間でしたので、なかなかゆっくりお話ができないこともあり、申し訳ありませんでしたが、みなさんの温かいお気持ちは十分に感じることができ、感謝の思いでいっぱいです。

これからも、直面しているさまざまな政治課題にしっかりと取り組み、皆様の信託に応えられる議員に、一日も早くなれるよう、一所懸命議員活動に精励していくことを改めて決心をいたしました。

準備から片付けまで、がんばってくださった後援会のスタッフの皆さんありがとうございました。おかげ様で無事、総会と新年交礼会を開催することができました。
ありがとうございました。

それにしても、議員活動を重ねるほど、皆さんに感謝することばかり増えていくようです。まだまだですね、もっともっと勉強と経験を積んで、少しでもみなさんのお力になれるよう頑張ってまいりたいと思います。

|

2010年1月23日 (土)

城北中学暁天かけ足

今年も城北中学校の伝統行事の暁天かけ足が行われました。私も例年のごとく消防団員として警備にあたりました。

暁天かけ足は、城北中学校創立2年目、私の生まれ年と同じ昭和37年から毎年行われているとのことです。ということは今年で47回目という事ですね。Photo

まだまだ夜中という感じの4時45分に校庭の真ん中に組まれたキャンプファイアーに点火されました。

今年は時折強風が吹き、炎方か高々と上がり、いつもより勢いよく燃えていましたので、回りでジェンカを踊って体を温めていた生徒達からも時折歓声が上がっていました。

念のため消防ポンプ車の吸管をプールの消火栓につなげ、いつでも水が出せるようにしておりましたが、それ以上風が吹くこともなく、炎も落ち着いてきました。Photo_2

6時近くになると、生徒達が学年男女別にそれぞれのコースを元気よく完走し、戻ってきました。

夜が白々としてきた頃には、PTA方々が作ってくれた八丁味噌うどんをいただきましたが、寒いときには、やっぱりこれが一番ですね。心も体も温まります。

おいしゅうございました!ごちそうさまnoodle

|

2010年1月18日 (月)

政務調査視察「新浦安駅前プラザ マーレ」

視察3日目最終日は、浦安市に行きました。

視察日:平成22年1月14日(木) Photo_12 視察内容:浦安市の「新浦安駅前プラザ マーレ」について
視察者:中根勝美、稲垣良美、新海正春、簗瀬 太

・浦安市について

市の由来は、明治22年合併の際、漁業が主産業で、漁浦の安泰を祈願して「浦安村」とした。
千葉県西部、東京湾の奥部に位置し、海や河川に囲まれたベッドタウン。西は旧江戸川を隔てて東京都江戸川区に隣接する。
海面埋立てにより市域は約4倍に拡大した。東京への通勤比率は53.9%(05年)と極めて高く、老年人口比率全国最低レベルの 「若い」まち。
市内舞浜地区にディズニーランドとディズニーシーを中心とする東京デイズニーリゾートがあり、国際的な観光都市でもある。Photo_13

・新浦安駅前プラザ マーレについて

1.経緯新町地域の開発の進展などとともに、市の行政課題となっていた保育園、自転車駐車場、仮称国際センターを新浦安駅前の市民サービスセンター用地を活用して複合的に整備することとなり、PFI方式導入にあたり、平成13年から調査を開始し、平成16年に契約を行い、平成18年2月に完成し、同年4月1日にオープンとなった。   

2.事業概要

・契約金額:65億円に金利変動及び物価変動並びに消費税率変動及び地方消費税率変動による増減額を加算した額の範囲内
・契約期間:平成16年9月21日から平成38年3月31日
・支払回数:81回の分割
・契約者:新浦安駅前PFI株式会社
・契約事業:設計、建設、維持管理、一部事業の運営(自転車駐車場、市民交流施設、市民情報コーナー)

3.施設概要
○敷地面積:約1,556.90㎡
○延床面積:約7,404.43㎡Photo_14
○おもな施設
・行政サービス施設
国際センター、新浦安駅前行政サービスセンター、図書サービスコーナー
子どもアートギャラリー、インフォコーナー新浦安駅前在宅介護支援センター

・子育て支援施設【㈱ポピンズナーサリー新浦安】認可保育所(定員150名)一時保育、保育室(定員20名)地域子育てセンター(30組)病後児保育室屋内遊戯場、屋外遊技場

・新浦安駅第13自転車駐車場機械式(1,028台)自走式(980台)Photo_15

・市民交流施設【新浦安カルチャープラザ】青少年交流広場、音楽スタジオ・スワンカフェ&ベーカリー新浦安店客席(90席)オープンテラス

・その他の施設新浦安駅前交番、観光インフォメーションマーレ、東京ベイシティバス新浦安駅前バス案内所、施設用自動車駐車場及び自転車駐車場

4.感想、岡崎市への反映

PFI方式を導入した、駅前再開発ビルの整備事例として調査をしたが、主なものだけでも12の事業がある複合施設であることにまず驚かされた。
もっとも大きな事業が子育て支援事業であろう。中心は㈱ポピンズナーサリーという保育園等をチェーン展開している民間会社による、私立保育園と保育所施設である。
不特定多数の出入りのある、駅前複合ビルということで、専用エレベーターをはじめとする、2重3重のセキュリティなど、民会会社としてのリスクマネジメントから、子ども達の安全安心のために徹底したシステム作りがなされており感心をした。Photo_16

次に目立ったのが、機械式の立体自転車駐車場である。
これは、自動車の立体駐車場と同じような方法で、自転車を立体的に回転するゲージに駐車するものであるが、収容台数が1000台を超える規模のものである。
おかげでか、見回したところ確かに駅前に放置自転車は皆無であった。料金は月1780円だそうである。駅前の限られたスペースでは、有効な施設であると思う。

また、行政サービスセンターでは、住民票の写しや戸籍謄本・抄本、印鑑登録証明書などの交付ができるようになっている。
受付時間が午前7:00~午後8:00までと長くなっており、東京などに通勤している人も、朝、交付申請をしておき、夜、受け取って帰宅するということができ、なかなか便利である。

本市においても、名鉄東岡崎駅ビルに行政サービスセンターを設置しては、という構想があるが、受付時間など運営方法については浦安市の先進事例を充分に参考にしていくべきであると考える。

|

2010年1月17日 (日)

政務調査視察「いわき芸術文化交流館アリオス」

政務調査視察2日目は、いわき市を訪れました。

視察日:平成22年1月13日(水) 
視察内容:いわき市の「いわき芸術文化交流館アリオス」について
視察者:中根勝美、稲垣良美、新海正春、簗瀬 太Photo_4

・いわき市について
福島県の南東部に位置し、東部は太平洋に面している。東北地方では仙台市に次ぐ人口を誇る福島県最大の面積と人口の中核市。東北地方であっても温暖な気候で、山間部を除いてあまり雪は降らない。1966年の大規模合併で成立した。面積は1,231.34km2で、市の大きさとしては2003年までは日本一であった。

1.いわき芸術文化交流館アリオス <PFI事業の概要>

事業方式:BTO方式

事業期間:15年(維持管理機関:2007年9月~2023年3月)

事業範囲:施設の設計、建設及び15年間の維持管理(音楽観を含む)業務及び
     既存施設(平中央公園、音楽館、文化センター)の改修設計。
     ただし、事業運営はいわき市直営。

Photo_5

2.事業運営方針・運営組織体制について

◇事業運営方針
これまで平市民会館が担ってきた「貸館」業務のみならず、施設自らの企画による音楽、演劇事業等を積極的に実施する。また、貸館事業に当たっても、舞台技術スタッフが市民の表現活動をサポートしていく。

◇運営組織体制
上記の事業運営方針を実現するための運営組織については、市が自ら「芸術文化を通じたまちづくり、人づくり」を進める観点からPFI事業と切り離すこととした経緯を踏まえ、次に示すような新たな機軸に立った直営方式を採用している。

3.施設概要についてPhoto_6

<大ホール>
3層バルコニー方式、最大1840席
大ホールの空間は、ヴァイオリンの名器ストラディバリウスを思い浮かべ、ホール全体が美しい響きに包まれる感覚を表現。

<中劇場>
可変型2層バルコニー方式 最大687席
中劇場は、客席もプロセニアムの額縁も照明ブリッジも移動可能な画期的な機構を備えている。

<小劇場>
一層バルコニー方式 233席
本市のりぶらホールと同様に、客席を収納すると舞台とフロアがフルフラットになり、様々な利用が可能となっている。

<その他の施設>Photo_7
・別棟の音楽小ホール(200席)
・カスケード(交流ロビー)
・リハーサル室(大・中)
・スタジオ(4室)
・中練習場(2室)
・小練習場(4室)
・稽古場(4室)
・作業室(2区画) 等

4.感想と岡崎市への反映についてPhoto_8

PFIによる事業ということで興味深く事業内容など伺った。
施設の設計や建設の他にメンテナンスなどの維持管理は民間に任せて効率化を図っているが、要の自主事業や貸館事業など事業運営は、市の直営で行っているところは大いに参考にしたい。
理由については、ホールやリハーサル室、練習場などの運営は必ずしも民間にノウハウがあるわけではなく、かえって行政のほうがノウハウを持っているからとのこと。Photo_9
運営において重要な「人材の確保」については、副館長など重要なスタッフは全国から招聘したり、地元からまた広く公募したりして、専門スタッフを嘱託職員という身分で採用し、運営に当たっている。

また、情報発信という点ではアリオスペーパーというタブロイド判情報紙2ヶ月ごとに発行し、全市に折り込みで配布している。
いわき市の市政だよりなどと一緒に配布するのも検討したができるだけ新鮮な情報を提供しようとすると、タイミングが合わず折り込みとしているが、情報紙の製作費よりはるかに折り込み代のほうがかかっているとのこと。Photo_10
しかしデザインも洗練された上質な情報紙なので、市民への情報発信としては十分な費用対効果があると思う。

全体の印象としては、総事業費(181億、金利負担分含む)を抑えながらも、すばらしい内容であると感じた。
PFI事業費15年償還で毎年12億と直営運営事業費5億7千万の価値は十分にあると感じられた。

ハードの面では、利用しやすさを念頭において、様々なプランに対応できるような工夫が随所にあるが、とりわけ大ホールのすばらしさは特筆すべきものであり、ぜひ多くの人に現地にて感じていただきたい。Photo_11
これも事業者の選定・交渉をする前に、しっかりと話し合いが行われ、高いレベルの要求水準書が策定されたところが大きいとのことで、ここをしっかりと詰めておかなければならない。
とりわけPFI事業の場合では、この要求水準書が事業の要になることをあらためて痛感したところである

|

2010年1月16日 (土)

政務調査視察「多賀城駅周辺整備計画」

先日、政務調査として多賀城市「多賀城駅周辺整備計画」、いわき市「芸術文化交流館アリオス」、浦安市「新浦安駅前プラザ マーレ」を視察して参りましたので3日に分けてご報告します。

1日目は多賀城市「多賀城駅周辺整備計画」です。

視察日:平成22年1月12日(火)
視察内容:多賀城市の「多賀城駅周辺整備計画」について
視察者:中根勝美、稲垣良美、新海正春、簗瀬 太

・多賀城市について
宮城県中央東部、太平洋岸に位置。奈良時代初期に、大和政権の陸奥国国府・鎮守府がおかれ、平安時代にわたっては東北地方の政治・軍事の中心地であった。電機・金属製品・食料品等の製造業が仙台港の後背地に立地。仙台市の通勤比率は43.0%で、ベッドタウンの色彩も強い。 Photo_3

・多賀城駅周辺整備計画について
多賀城駅前周辺整備計画は主に以下の三つの事業に分かれている。

1.多賀城駅周辺土地区画整理事業 (施行者 多賀城市)
この事業は、駅前広場と隣接する幹線道路等の整備改善を行ない、駅周辺の商業及び業務施設と都心居住環境が共存する美しい街並みと、史都多賀城の歴史的景観を生かした良質な市街地を形成。

Photo_2

2.多賀城地区連続立体交差事業 (事業主体 宮城県)
多賀城市の中心市街地では、JR仙石線の踏切による交通渋滞や地域分断などが町の発展に大きな問題となっている。このため、宮城県では、多賀城駅付近の約1.8m区間を連続高架化する事業を進めている。この事後湯により、4か所の踏切が除去され、新設道路を含めた9か所で鉄道と道路が立体交差することで快適な道路交通が確保されると共に、多賀城駅周辺土地区画整理事業と一体となった魅力ある街づくりを推進。

3.多賀城駅北地区第一種市街地再開発事業 (施行者 多賀城駅北開発(株) )
本市の都市防災の強化及び都市機能の集積を推進し、中心市街地の活性化及び土地の健全な高度利用を図るため、多賀城駅周辺土地区画整理事業によって現出する多賀城駅北側に隣接する2つの街区及び駅前広場を施行区域として2棟の再開発ビルを建設。

<感想、岡崎市への反映>Photo
地域と市、県、鉄道業者とがよく連携し、3つの大きな事業が一体となって駅前をはじめとする中心市街地の魅力あるまちづくりを着実に進めており、土地の買収移転等についても特に問題なく進捗しているとのこと。(以前に土地区画整理事業の計画が持ち上がった時は、地権者と折り合いがつかなかったそうだが、その経験がよく生かされているようである。)また、3の市街地再開発事業では、事業地区整備計画として用途制限や高さ制限等の他に、敷地の最低限度や形態・意匠の制限や緑化義務などを定め、街並みや景観、環境、防災に配慮した街づくりを進めているところなどは、本市にとっても大変参考になるものと思われる。

|

2010年1月15日 (金)

防災防犯対策推進特別委員会

本日、防災防犯対策推進特別委員会が開催されました。
大きな議題は防災対策についてです。Toire

はじめに防災危機管理課より、これまでの本市の防災対策について以下の内容の説明がありました。

1 地域防災計画の修正
2 職員非常配備体制の整備
3 防災訓練など地域防災力の向上
4 地域防災連絡員、避難所運営担当者の設置
5 防災緊急情報一斉伝達装置など情報伝達体制の整備Photo
6 観測体制の整備
7 小学校へ備蓄倉庫の整備
8 町防災マップ作成支援
9 公共施設の耐震化対策
10木造住宅の無料耐震診断と耐震補強補助
11生活水の確保対策、井戸の無料水質検査。
12家具転倒防止対策
13帰宅困難者支援対策
14災害時要援護者支援制度

各委員から、避難所の整備についてや備蓄物品、緊急情報伝達や災害時要援護者支援制度などについて意見が交わされました。

次に浸水計・水位計と連動した警報装置の設置について報告がありました。この3月には8地区13地点に設置を完了する予定だそうです。

Photo_2

最後に防災情報伝達について話し合われました。

1 防災ラジオの応募状況
3275台の応募があり、竜海。葵・城北中学校区等の8月末豪雨による浸水被害のあった地域からの応募が多かった。

2 緊急地震速報の提供
FMおかざき、ミクスの協力により、防災ラジオの緊急告知により、緊急地震速報の提供を本年1月25日より行う。

その他、デジタル防災行政無線やエリアメールなどの情報伝達システムの整備についても議題に上っておりました。

|

2010年1月14日 (木)

成人の日

Photo今週は、政務調査視察で火曜日から出張しておりましたので、ブログの更新が遅れて申し訳ありませんでした。視察の内容については、また後日報告させていただきます。

さて、11日の月曜日は成人の日で、岡崎市でも中央総合公園武道館と体育館にて、成人式が行われました。

平成22年の新成人は4029人とのことで、今年も式典会場の武道館に入りきれないほどでした。Photo_2

ここのところ毎年、あちこちの成人式で式典崩壊を起こしているとの報道がありますが、岡崎市については、会場が多少ざわついている程度で、特にトラブルなどはありませんでした。

Photo_3 成人式のあとは、こちらも恒例になっている、岡崎水泳協会主催の寒中水泳が、菅生川河川敷にて開催されましたので、出席してまいりました。

開会の式典行事ののちに、城西高校和太鼓部「彩輝」の演奏、水清め式、水書が行われ、新成人8名をはじめとするスイマー達が菅生川に入っていきました。Photo_4

今年は天候に恵まれ、風もなく、水温6度ということで、例年よりも温かいとのことですが、それでも、川の水は刺すような冷たさのはず、観ているこっちも凍えそうでした。

|

2010年1月10日 (日)

岡崎市消防出初め式

今日は岡崎市消防出初め式が菅生川の河川敷で挙行されました。Photo

昨年の出初め式は、小雪の舞う大変寒さの寒さが厳しい日でしたが、今年は、たいへん穏やかな天気で、日差しも強くぽかぽかと暖かく助かりました。

式典のあと、消防自動車と徒歩による分列行進に始まり、大地震を想定した災害救助訓練、そして、100台近い消防自動車による一斉放水が行われました。

Photo_2  Photo_3

消防職員や団員の皆様には早朝より準備や訓練などお疲れ様でした。たいへん盛大に出初め式が挙行されましたこと、お慶びを申し上げるとともに、私も安全安心なまちづくりに少しでも力になれるよう、決意も新たにいたしました。

|

2010年1月 7日 (木)

春の七草

今日は、春の七草の日です。Photo_2

氏神様の能見神明宮では、毎年、春の七草神事が行っておりますので、今年も参拝してまいりました。

説明によると

「昔から春の七草、秋の七草といわれ、前者はかゆの中に入れて食し、後者は花をたのんでおりましたPhoto_4
春の七草は、五節句の一つに数えられて、正月七日朝、このかゆを食べると病気をしないという言い伝えがあって、古くからの年中行事の一つとなっておりました。(中略)七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベ、ホトケノザ、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)をいいます。」

とのことです。

年末からお正月と、宴会の機会も多く、不摂生が続いていた体には、七草のお粥がとってもやさしく感じました。

|

三学期始業

クリスマス、お正月など楽しい行事が続いた冬休みも終わり、今日から岡崎市内の各小中学校では三学期が始まりました。Photo

私もお正月でしばらく朝寝坊をさせていただいておりましたが、今年も毎朝の中橋交差点での登校見守りをはじめました。

今朝は凍てつく様な寒さでしたが、子どもたちは元気に登校していきます。私も子どもたちに負けないように元気に、議員活動をがんばって行きたいと思います。

|

2010年1月 4日 (月)

岡崎市役所レストラン新装オープン

今日から、市役所東庁舎にあるレストランが、運営業者も変わり、新装オープンいたしました。R0012049s

新しい業者は「岡崎パブリックサービス」さんです。

というわけで、さっそく食事をしてまいりました。

メニューは、A(肉)ランチ・B(魚)ランチの他、麺セット、アラカルト、カレー等で、それぞれ内容は日替わりとなっています。

本日のAランチ(とんかつ定食)を頂きましたが、お肉も柔らかく、衣も薄めで好みの感じでした。R0012050s

料理の写真も撮ってくればよかったと、後で後悔しておりますが、グルメリポートに慣れていないものですみません。

また、ランチチケット(回数券)を販売しており、こちらも購入いたしましたので、これからさらにお徳に食べられるってわけです。

それから、今まで食器の返却に、カバン等持っていると苦労したのですが、今回から返却棚に置くだけになりましたので、ずいぶん楽になりました。こういう細かなところがありがたいものですね。

当面は、いろいろメニューを食べ比べてみたいと思います。しばらくは市役所での楽しみが増えました。

|

教育相談センター開所式

本日、岡崎市教育相談センターが旧健診センター跡地(竜美北2丁目)にオープンし、11時からその開所式が行われましたので出席してまいりました。R0012046s

新教育相談センターは、今まで教育研究所内にあった「そよかぜ相談室」と上衣文町にあったハートピア岡崎を集約し、教育の様々な相談に応じることができるように、旧健診センターを建物を改修し、設置されました。

「そよかぜ相談室」では、
●新入学児の就学相談
●発達障害がある子どもの教育・支援に関する相談
●学校や家庭での心配事の相談R0012042s

「カウンセリングルーム」では、
●不登校・心の悩みの相談
(臨床心理士が対応)

「ハートピア岡崎」では、
●学校を休みがちな子どもに対する相談・支援
●学校現場との連携を基にした登校支援活動・自立支援活動

電話番号は、
教育相談センター 71-3201
ハートピア岡崎   71-3207

より多くの子どもたちの成長に役立つ施設を目指しています、教育に関することで心配事があれば、悩まずに相談してみてください。

|

2010年1月 1日 (金)

岡崎市新年交礼会

新年明けましておめでとうございます。旧年中はたいへんお世話になりました。

さて、岡崎市議会では、昨年十一月に議会基本条例を制定いたしました。
議会基本条例は、議会活動の最高規範といえるものであります。

本条例の制定を契機に、分権社会にふさわしい議会を目指し、本年が、さらなる議会改革のスタートの年となりますよう、私も精一杯頑張ってまいる所存であります。

新年を迎えるにあたり、本年が、子どもから高齢者までみんなの笑顔が弾ける元気な年でありますことをご祈念申し上げます。01

元旦の朝は、恒例の岡崎市新年交礼会に出席してまいりました。

未明からの雪で心配されましたが、今年も大勢の方々が出席して盛大に新年交礼会が開催されました。

はじめに柴田岡崎市長から年頭の挨拶がありました。

厳しい財政の中で進める、今年の主な事業について説明があり、おわりに更なる「市民主導の市政の推進」と「変える勇気と変えない誇り」を持って市政に望むとの言葉がありました。02

市長他来賓の方々のお話を拝聴しながら、私も景気の回復を願うとともに、更なる市政の進展と市民福祉の向上に寄与できるよう精進していくこと改めて決意いたしました。

本年もよろしくお願いいたします。

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »