« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月28日 (月)

消防団歳末特別警戒(夜警)

今日から30日までの3日間、「岡崎市消防団歳末特別警戒」いわゆる消防年末夜警が始まりました。

私自身も広幡消防団の団員でもありますので、3日間午後8時~12まで警備室に詰めて、夜警を行いますが、今日は管区内の議員として、米村副議長、稲垣議員、吉口議員とともに広幡消防団各部を巡察してまいりました。Photo

巡察では、はじめに神明宮境内にて広幡消防団全体の激励が、加藤副市長はじめ学区総代会や婦人自主防災委員など関係者が集まり行われました。

その後、我々議員は永田団長の案内で、各部を激励に回りました。今日は夜も更けてきてだんだん冷え込んでまいりましたので、団員の皆様には体調を崩さないよう充分に気をつけて警備に当たっていただきたいものです。

などと言いつつ、明日からは私も消防団員として警備に当たります。夜遅くまでの警備になりますが、市民の皆様の安全と安心なため職務に精励し、管区内の警戒活動を行いますので、消防団活動に対しましてもご理解の程、よろしくお願いいたします。

|

2009年12月27日 (日)

後援会役員会

昨日はやなせ太後援会の役員幹事会を開催いただきました。Photo

主な議題は、総会・新年交礼会の日程等についてと来年の後援会事業計画についてです。

後援会総会・新年交礼会は1月31日(日)午後1時~、広幡市民ホームにてと決まりました。

来年の後援会事業計画としては、主に会員相互の親睦を図るとめに、同好の士を募ってのゴルフコンペや、バス行楽会などを企画していくことが、次回の総会に向けて提案されました。

また、私の方からは、12月定例議会など最近の議会活動の報告をさせていただきました。

今回は11月に開催した市政報告会・意見交換会で皆様から伺ったご意見ご質問の内容を12月定例議会で私から市に対して一般質問させていただいたわけですが、市民の代弁者という意味では、本来あるべき議員活動の形がとれたのかなと感じました。

こういったことからも、やはり議員活動というのは本人一人でできるものではなく、後援会の皆様はじめ、多くの市民の方々の支援があってのことと、今回改めて認識させていただいたところであります。

後援会はじめ支援者の皆さん、1年間議員活動をご支援いただきありがとうございます。また来年もよろしくお願いいたします。

|

2009年12月22日 (火)

小学校終業式

早いもので、今日で2学期も終わり明日から市内の小中学校では冬休みです。Photo_2

伊賀川、中橋交差点での毎日の通学見守りも今年最後となりました。

今年の2学期は、インフルエンザに振り回されたような感がありますが、今日は見たところ全員そろって元気に登校していきました。

また年が明けて3学期の始業式に子どもたちの元気な笑顔にあえるのを楽しみにしています。

|

2009年12月19日 (土)

岡崎市議会12月定例会閉会

本日で12月議会も最終日となりました。Photo

各委員会に付託された議案審議も済みそれぞれの議案についての討論と採決が行われました。

今回の採決した主な議案は「岡崎市犯罪のない安全・安心なまちづくり推進条例の制定について」や旧額田地区の小学校統廃合に伴う「岡崎市学校設置条例の一部改正について」の他「一般会計の補正予算」などです。

各議案は、提案通り採択され、定例会が閉会となりました。

|

2009年12月17日 (木)

二七市で街頭犯罪防止キャンペーン

今日は二七市の立つ日です。Photo

今朝、市役所に登庁する際にちょっと寄ってみましたら(自転車ECO通勤のメリット)、街頭犯罪防止キャンペーンを行っていました。

暮れも押し迫ってくると、犯罪も増えてくるようです。最近岡崎市内の犯罪件数も増えているようですし、皆さんも十分気をつけましょう。

ちょうど私が行った時には、連尺小学校の児童も総合の学習でしょうか、二七市を見学に来ていましたので、二七市もいつもより賑わっているようです。

二七市の街頭では、二七市組合、県警、市の安全安心課の方々が、防犯啓発チラシやティッシュ、マスクを配布していました。また自転車盗難予防に自転車のワイヤーロックも配布しており、私も自転車を押してきており、私もいただきました。ちょっと寄っただけなのにいろいろもらえてラッキーでした。

みなさんもたまには二七市に寄ってみてはいかがですか、ラッキーなこともあるかもしれませんよ!happy01

|

2009年12月12日 (土)

一般質問要約 「中心市街地活性化基本計画について」

3-1中心市街地活性化基本計画改訂の取り組みについて?Dsc_2835
<回答者> 企画財政部長

Q:松坂屋の撤退発表等、様々な環境の変化があるが、中心市街地活性化基本計画の康生地区整備促進事業の見直しについて?

A:松坂屋の撤退が直接整備促進に影響するかは定かではないが、これを契機に地権者の意向がまとまるようであれば、本市としても一緒に研究したい。国の支援も視野に入れた整備手法等について調査もしているところである。

Q:基本計画の理念の中にある「魅力的な・文化・暮らしに出会うまち」を実現するためには、図書館交流プラザ「りぶら」の他にも新文化会館など文化的公共施設を整備し、文化交流ゾーンとしても康生地区整備促進事業に取り組むべきでは?

A:新文化会館を含めた整備計画の見通しが立った場合には、文化交流ゾーンとしての位置づけも検討する必要がある。
なお、中心市街地の活性化を図るためには、文化振興面だけでなく、街区整備をはじめ商業振興などについても幅広く検討する必要がある。

Q:庁内の組織横断的なプロジェクトチームを立ち上げるなどの対応が必要と思われるがどうか?

A:新文化会館の整備については、総合調整課を中心に、庁内の関係部課による協議の場を設けている。今後、さらに検討内容が具体的になれば、必要な体制を整えていく。

Q:中心市街地活性化基本計画の見直しは、どのような流れで進めるのか?

A:法定協議会である岡崎市中心市街地活性化協議会に意見を求める他、パブリックコメント制度がある。

Q:議会からの意見や提案も反映できる仕組みが必要では?

A:パブリックコメント、審議会等への市民参画など、市民と市側との間の意見聴取の新たな仕組みも構築されており、議会と市側との間の意見聴取のあり方の見直しも必要な時期に来ているかもしれない。

意見:各行政分野における基本計画など重要な計画は、まさに政策そのものであり、議会からも政策提言がなされるべきであると考えている。
11月臨時会で本市も議会基本条例が制定されたが、これを契機に、議決事件を拡大して、市長側と議会との新たな関係を構築していくべきと考えます。
以上意見を添え質問を終了した。

|

2009年12月10日 (木)

一般質問要約 「介護施策について」の2

2-2介護施設など高齢者の住まいの整備に対する方針について?Dsc_2832
<回答者> 福祉保健部長

Q:特養の待機者の実数については、どのような把握をしているか?
A:本市においては、死亡者や複数申込を精査し、実数をおおよそ年に一度精査している。現在1600人強である。

Q:本市における現在の入所判定の指針はどのようになっているか?
A:本市の「優先入所指針」は、本人の心身の状況のほか、介護者の状況や在宅生活の困難度などの総合評価になっている。

Q:その他の施設のベッド数と、待機状況などは?
A:11月現在の状況は以下のとおり。
介護老人保健施設が696床、待機者が0から10名程度。
介護療養型医療施設が167床。
ケアハウスが170床、待機者が5名から50名程度。
特定施設が280床。
グループホームが234床、待機者が0から30名程度。

Q:介護施設と高齢者専用賃貸住宅などや独居、高齢者世帯などについては、一元的に考えていく必要があるのではないか?
A:県や本市の住宅部局とも連携をとりながら、その方にあった施設や住居の情報提供は必至である。地域包括支援センターなどとも連絡を密にしながら取り組むべき課題であると認識している。

意見:今までは、「施設か在宅か」という二者択一的に高齢者の住まいについて論じられてきたが、今後は、住宅施策と福祉施策を融合した新たな高齢者の「すまい」のあり方について検討を行っていかなければならない。
高齢者の方々が安心して暮らしていける住環境をトータルにとらえ、今後の対策を検討していく必要があるのではないのかと思う。

|

2009年12月 8日 (火)

一般質問要約 「介護施策について」の1

2-1介護職員処遇改善制度についてDsc_2817
<回答者> 福祉保健部長

Q:交付金の申請状況は?

A:県内では、10月末現在74%の申請があったが、市別の集計はしていない。

Q:事業者への周知の方法は?

A:県の介護保険指定事業者講習会にて説明、詳細はあいち介護ネットに掲載。

Q:積極的な情報発信が、保険者(岡崎市)の務めではないか?

A:「介護サービス事業者連絡協議会」を通じ、積極的に市も関与しながら、情報提供を行っていく。

|

2009年12月 7日 (月)

一般質問要約 「地域医療体制の充実について」の2

1-2西三河南部医療圏の分割と病床数の拡大についてDsc_2809
<回答者> 保健所長

Q:西三河南部医療圏の進捗状況と分割の考え方は?

A:10月9日に開催された愛知県医療審議会において、具体的な分割方法が提案され、今後は西三河南部圏域保健医療福祉推進会議で検討。分割時期は、平成23年4月の新医療計画の策定と同時。

Q:岡崎・幸田とその他の地区との2分割がよいのでは?

A:明言は差し控えたいが、保健所長として地域医療をみていると、岡崎・幸田地区は一つの2次医療圏としてまとまりのある区域であると考えている。

Q:民間の総合病院新設の動きが出てきた場合の考えは?

A:真に必要な病床の種別病床数等を勘案し、岡崎市医師会等関係機関と協議を進めていく。

|

2009年12月 5日 (土)

一般質問要約 「地域医療体制の充実について」の1

質問項目1「地域医療体制の充実について」の1

1-1市民病院の放射線治療装置導入と別病棟の建設構想について質問。Dsc_2807
<回答者> 市民病院長

Q:放射線別病棟の建設場所やイメージ及び総事業費は?

A:現在の病棟の南側にある職員駐車場で、売店前のホスピタルストリートを延長して連結。建物規模は地上3階、地下2階の5層のフロアーを、各フロアー1660㎡程度で延べ床面積は8200㎡程度となる見通しです。総事業費は医療機器を含めると50億円超を予定。

Q:放射線治療装置は、どのような装置を導入するつもりであるのか?

A:汎用性のあるリニアックを基本装置し、よりレベルの高い「強度変調放射線治療」及び「PET診断装置」の導入を検討。

Q:愛知病院との関係性や位置づけ、病院連携について?

A:ホスピスにおける緩和ケア以外はほぼすべて当院で可能になる。今後は当院が本市での癌診療における中心的存在になる。
また、愛知病院から依頼のあった重症患者に対しては3次病院として確実に対応し、また当院からは緩和ケアを依頼するなどして医療連携を推進する。

Q:増床の必要性と50床の理由は?

A:病床利用率は98%を超えており、増床は不可欠。
効率性と医師や看護師の確保の点から、50床程度とした。

Q:専門医師の確保や看護職員の増員計画について?

A:名古屋市立大学の関連病院として専門医を確保。また、平成22年4月には大幅に看護師を増員。平成23年度には、7対1体制を実現し、平成25年には、50床増床に必要な看護師35名の確保は可能であると見込んでいる。

|

2009年12月 4日 (金)

12月議会にて一般質問をしました

岡崎市議会12月定例会におきまして、一般質問を行いましたので、その内容についてご報告いたします。Dsc_2798

今回の質問項目は以下の通りです。

1 地域医療体制の充実について
(1)市民病院の放射線治療装置導入と別病棟の建設構想について
(2)西三河南部医療圏の分割と病床数拡大について

2 介護施策について
(1)介護職員処遇改善制度について
(2)介護施設など高齢者の住まいの整備に対する方針

3 中心市街地活性化について
(1)中心市街地活性化基本計画改定の取り組み

岡崎市議会では、本議会から一般質問において一問一答併用方式を選択することができるようになりましたので、私も一問一答併用方式で質問をさせていただきました。

それでは、一般質問の要約を次回より順次掲載してまいりますのでよろしくお願いいたします。

初めてのことで心配だったのですが、理事者(行政を執行している市長などの特別職や部長等)の皆さんから丁寧且つ克明に答弁をいただき、有意義な一般質問ができたと思っています。

|

2009年12月 3日 (木)

12月定例議会始まる

12月1日より岡崎市議会12月定例会が始まりました。Photo

初日は柴田市長から提案説明があり、今議会における所信と審議すべき議案などの説明がありました。

2日目からは以下の議員からの一般質問が始まります。
(ちなみに私は12月4日の2番目です)

12月2日

木全昭子 議員

1 安心して老後を迎えられる福祉施策の充実について
2 介護保険制度の充実について
3 申請主義となっている減免制度について
4 子どもの発達支援について

清水克美 議員

1 図書館交流プラザについて
2 健康おかざき21計画について
3 雇用・就労の確保について
4 鳥獣害対策について
5 公園整備事業について

竹下寅生 議員

1 教育行政について
2 子育て支援の充実について
3 公園整備について
4 陸上競技場の充実について

井手瀬絹子 議員

1 消防団について
2 IT施策について

柴田敏光 議員

1 新文化会館の現況について
2 安全安心な街づくりについて
3 地球温暖化について
4 本市の施設に提供する食材について

安形光征 議員

1 豊富小学校改築・耐震工事について
2 豊富地区の都市計画編入について
3 下水道管埋設地区内に近接する住宅排水について

12月3日

鈴木雅子 議員

1 来年度予算編成方針について
2 生活保護について
3 不況下での中小零細業者の生活と経営を守る施策について

神谷寿広 議員

1 森林整備について
2 地震災害時の飲料水確保について
3 食中毒について
4 産婦人科医療について

畔柳敏彦 議員

1 就学援助制度について
2 非常備消防の体制強化について

村越恵子 議員

1 福祉の村基本構想について
2 深刻化する介護現場について
3 多重債務問題について
4 子ども施策について
5 学校給食での食物アレルギー対応食について

柴田 泉 議員

1 平成22年度当初予算編成について
2 防火管理について
3 部の経営方針について

大原昌幸 議員
1 水害対策について
2 ヒートアイランド対策について
3 交通渋滞について

12月4日

太田俊昭 議員
1 市長の政治姿勢について
2 交通安全の推進について
3 防災体制の推進について

簗瀬 太

1 地域医療体制の充実について
2 介護施策について
3 中心市街地活性化について

近藤隆志 議員

1 新年度予算編成について
2 行政組織について
3 斎場について

加藤 学 議員

1 良質な公共サービスの安定的な提供に向けた行政体制の確立について
2 生活排水対策事業について
3 学校規模の適正化について

鈴木雅登 議員

1 健康な体づくりと医療制度について
2 市民農園の奨励について
3 鳥獣害対策の進捗について
4 クラフト市場の創設について
5 図書館交流プラザの資料写真の保存・閲覧の整備について

柵木 誠 議員

1 岡崎駅南土地区画整理事業について

以上一般質問でした。その後は各委員会で審議が行われ、18日に閉会となる予定です。

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »