« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

広幡幼稚園ファミリー文化展

今日は広幡幼稚園の第6回広幼ファミリー文化展に出席してまいりました。Photo_6
はじめに年少、年中、年長さんから歌や和太鼓の演奏の披露があり、最後に保護者による父ちゃん楽団の歌とマジックの楽しいショーがありました。

この父ちゃん楽団は確か6年前、渡辺会長のときに結成され代々引き継いできた父母のバンドです。最近はすっかり定着してきて子どもも大人も楽しみにしているほどです。2

その後、広幼美術館と化している園舎を回り、園児や先生、保護者のさまざまな作品を見学させていただきました。
やっぱり園児たちはかわいいですね、楽しい一日をありがとう。

|

2009年10月30日 (金)

林業視察

今日は岡崎市額田郡模範造林組合林業視察にいってまいりました。Photo
視察場所は旧額田地区の小久田町、切山町、千万町町、石原町、新城市旧作手地区、宮崎町です。

模範造林組合は、土地所有者と収益割合を定め80ヵ年の契約でスギ・ヒノキを植林し、その収益で公共団体の基本財産造成と一般民有林のモデルになるよう経営をしています。創設当時は地方自治体の基本財産の大きな柱として掲げたものでありますが、木材価格の低迷や採算性の悪化などにより森林経営が難しい時期になっています。Photo_2しかし、森林は土地の保全や水資源など多面的機能が重要視されるようになり、環境面からも模範造林の意義は大きいものとなっています。

はじめに小久田町では、高性能林業機械(ハイパワープロセッサー)による間伐材の玉切りなど造材作業を見学しました。Photo_3

次の切山町では、低コスト林業モデル推進事業地として、高性能林業機械のセット化や列状伐採などによる効率化によるコスト削減を図ったモデル林を視察しました。

Photo_4その他、千万町の80年・90年のスギ・ヒノキで長伐期一般大径材の生産地や石原町にある環境税を財源とした「あいち森と緑づくり事業」における整備林、そして新城市旧作手地区に足を伸ばし、植林、保育作業員の削減及び獣害対策のためのヘキサチューブを使用した事業地を見学しました。 Photo_5

最後に宮崎町に製材所にて木材製材施設工場の見学をし、市役所に戻ってまいりました。

普段林業の現場を見る機会はほとんどないので貴重な体験をさせていただきました。そして、さまざまな働きで私たちの暮らしを支えてくれている森林を、健全な状態で将来に引き継いでいくことの大切さを改めて感じました。

|

2009年10月26日 (月)

環境教育委員会

本日は、岡崎市議会で私が所属している常任委員会である、環境教育委員会が開催されました。

今回の議案は「学校教育について」ということでしたが、はじめに教育監から、この度の教員の不祥事についての説明と謝罪があり、各委員から事件について質問や厳しい意見が出されました。
いずれにしても、あってはならない事件であり、教育委員会にもしっかりと厳正な対処をしていただきたいものです。

さてその後、本来の議案である「学校教育について」の審議がされました。

今回は学校教育についての中でも1、英語教育の充実 2、環境教育の推進 3、岡崎の心の醸成の3点について説明がありました。

まず英語教育では、小学校1年生から中学校3年生までの9年間で小中一貫した「岡崎市英語活動カリキュラム」に基づいて、英語能力の基礎を培い、英語を用いてコミュニケーションを図ろうとする資質や態度を育てる取り組みを計画し、将来にわたって国際社会で活躍することのできる子どもの育成目指すと共に、来年度から、教育課程を独自に編成できる特例校の申請をし、小学校の教育課程の中に「英語活動」を新設する研究を進めているとのことでした。

また、環境教育の推進では、本市教育委員会は、特別委員会として、今年度「環境教育研究委員会」を立ち上げ、全国に先駆けて、市全体で取り組む『環境教育プログラム』を作成することにしました。平成21年度中にプログラムを完成させ、平成22年度より市内全小中学校(小学校47校、中学校19校)で、本『環境教育プログラム』に基づいた環境教育を実施する予定です。

最後に岡崎の心の醸成について、この岡崎では、徳川家康公が生まれ、江戸に幕府を開き、城下町岡崎は東海道五十三次の宿場町として栄えました。そして、明治以降は本多光太郎氏、志賀重昂氏をはじめ、多くの偉人を輩出しています。
そこで、各教科・領域において「郷土岡崎」を教材や題材として取り上げ、岡崎を知り、岡崎についての学びを深めることで、岡崎らしさ、岡崎の特色や特性、岡崎ならではのものを見直すことにより、岡崎に誇りと愛着を持ち、岡崎を愛する心につながっていくものと考えます。この「岡崎を愛する心」を、子供たちの心に大きく育てたいとのことです。

|

2009年10月25日 (日)

中央第2ブロック ソフトミニバレー大会

川と海のクリーン作戦の後、連尺小学校体育館で中央第2ブロック体育指導員連絡協議会主催のソフトミニバレーボール大会が開催されました。Photo_4

この大会は、連尺、広幡、愛宕、井田の4学区から推薦された12の女性チームによるソフトミニバレーボールの大会です。

優勝は愛宕Cチーム、準優勝は広幡Cチーム、3位愛宕Aチームでしたが、どの試合もたいへんな熱戦で、選手の皆さんお疲れさまでした。

|

川と海のクリーン大作戦

今朝は、矢作川憩いの広場から日名橋にかけての区間(広幡学区担当)で矢作川ボランティア清掃(川と海のクリーン大作戦)が行われました。1

川と海のクリーン大作戦は、以前のようなふるさとの美しい川や海を取り戻し、次の子どもへと受け継いで郁子とを目的に、地域住民・自治体・国が一体となって河原や海岸のゴミ拾いを行う清掃活動です。

平成11年に長良川で始まったクリーン大作戦も、昨年で10回目となり、今年は11河川2海岸にわたる「川と海のクリーン大作戦」に成長しました。岡崎市では平成14年から参加をしている活動です。Photo

広幡学区では、各町総代さんをはじめとする学区住民の方々と城北中学校の生徒達が参加し矢作川日名橋下流約1Km区間の清掃を行いました。私も参加しましたが、現在矢作橋の改修工事中のため、堤防道路が通行止めになっているためか、今年は案外ゴミが少なく、たばこの吸い殻をいくつか拾ったぐらいでした。

|

2009年10月24日 (土)

おやじ杯ソフトボール大会

おやじ杯ソフトボール大会は、平成16年度に城南小おやじの会が発起人となり、市内『おやじの会』の交流・親睦を深め、一層の充実した活動を進めるために開催されました。Photo_2

今年で6回目、16校の参加がありました。私も所属する広幡小学校ヒーローズの一員として参加しました。

とりわけ今年は4号ボールという大きなソフトボールを使ったスローピッチルールでの試合と言うことで、初めて見るボールにみんなも少しとまどいながら試合が開始されました。Photo_3

ヒーローズは予選リーグ1勝1敗で、決勝トーナメントへの進出はなりませんでしたが、楽しくプレーができました。

幹事校の美川中の皆さん、ありがとうございました。

|

2009年10月21日 (水)

「いちばん受けたい授業」に広幡小恒川先生授業掲載!

朝日新聞出版の「いちばん受けたい授業」という本に、なんと広幡小学校の恒センこと恒川徹先生の授業が掲載されていました。1

正文館書店さんに「広幡小恒川先生掲載」POP付で平積みされていましたので、おもわず購入いたしました。

掲載されていたのは、小学校4年生の社会科で「地元の産業を知ろう」という授業についてでした。今回は岡崎の石製品の中でも「灯籠」をテーマに、地元の伝統工芸について討論するとともに、それが自分たちの生活につながっていること気づき、考えていくという内容です。

その他、掲載されているのは、全国の花マルな先生76人の事例で、各4ページずつの構成で紹介されています。2

以前より恒川先生は、研究熱心で子ども達のために一所懸命に努力されていることは、多くの保護者も周知のことでしたが、全国76名の中に恒川先生が入っているということは、とてもすごいことだと思います。
そしてそんなすばらしい先生が居る広幡小学校をあらためて誇りに感じました。

|

2009年10月16日 (金)

長野市視察 議会基本条例について

《調査項目》議会基本条例について

○議会基本条例制定への経緯についてPhoto_4
昨年9月に議員の政治倫理の向上と確立のため議会基本条例検討特別委員会を設置し、議員の倫理規定を含む議会基本条例について11人の委員で検討を行うこととなりました。
その後、議員政治倫理条例を議会基本条例を別に定めることとなり、先に議員政治倫理条例を検討することとなりました。本年6月定例会にて委員会提案として上程し賛成多数で可決といたしました。
議会基本条例の検討は本年4月から行い、8月のパブコメを経て9月定例会にて委員会提案として上程しこちらも賛成多数で可決となりました。

○議会基本条例の内容について
議会基本条例の内容は本市と同様で基本的には理念条例として、現在の議会運営等を条文化したものとのことであるとのことです。
なお、今回本市議会基本条例で検討し、実施することになった一問一答については、昨年9月よりすでに実施しているとのことであり、議会基本条例の設置に伴う他の条例規則の改定などはなかったとのことです。Photo_5

本市には無い長野市独自の内容は以下のとおり。

・地域において委員会を開催することができる。
・会派を越えた議員で構成する検討会を設置することができる。

上記については、すでに実施事例があるので条文に盛り込んだとのことです。

長野市の議会基本条例は、表現の違いはあれども概ね本市の議会基本条例と同様の考え方で策定されていると感じました。
また、地域で開催の出張委員会や委員会よりは自由度の高い会検討会など長野市独自の取り組みについて、本市も参考にしていきたいと思います。

|

2009年10月14日 (水)

新潟市視察 雨水対策について

○雨水対策の概要についてPhoto

もともと新潟市は低地部が多く、汚水ポンプ場が17ヶ所、雨水ポンプ場が32ヶ所あり、河川等へ排水しています。

しかし、ここ30年の傾向では、50mm/h以上の降雨が増えてきており、今後は下水道に流入する雨水を減らしていく必要があるとのこと。

浸水対策として万代地区、木戸地区には道路下に内径5m等の貯留管を設置し、一時的に雨水を地下に貯留する計画をしているとのことです。

また、浸水地区の学校56校に貯留浸透施設を設置。今後は全市の学校へ設置をしていく予定いるそうです。Photo_2

○一般市民向けの浸水対策の施策について

・宅地内の雨水浸透マス・貯留タンク設置助成制度
H12年度より実施 
昨年までに、浸透マス52247基、貯留タンク2157基設置。
排水設備業者を窓口にしたため、一気に設置が増えた。
営業方法に問題がある場合もあり課題となっている。

・防水板設置工事助成制度
H20年度より実施、昨年は6件、今年はまだ0件。
防水板が100万前後と高価なこともあり、まだ少ない。

・住宅かさ上げ助成制度
H21年度より実施、今のところ1件実施。Photo_3

新潟市は、平成10年8月4日や平成19年8月28日の集中豪雨をはじめ、局地的な集中豪雨による浸水被害が頻発しているため、住民の浸水被害に対する要望は強く、積極的な雨水対策の整備が進められています。貯留管や貯留浸透施設の設置や一般住宅向けの各種助成制度など、本市としても参考にしていきたいと思いました。

|

2009年10月12日 (月)

体育の日

先週の土曜日は広幡幼稚園の運動会が開催されました。2

10月10日といえば以前は体育の日でした。広幡幼稚園の運動会も以前はこの体育の日に開催しておりました。数年前に祝日の日にちが変わり、幼稚園の運動会の日程も土曜日に開催することになりましたが、今年はちょうど10月10日が土曜日となり、久しぶりに元の日程での運動会となりました。

そういえば10月10日は晴天率が高い日であると聞いたことがありますが、今年も抜けるような青空のたいへん素晴らしい秋晴れの一日でした。やっぱり運動会はこういうピーカンの青空の下でやるのが一番ですね。演技に競技にと園児達もとっても輝いていました。Photo

翌11日(日)も晴天のもと、岡崎市民体育祭が中央総合公園にて開催されました。昨年は選挙は終わった後でしたが、まだ前議員任期中で、正式には議員になっていなかったので、今年初めて市会議員として出席させていただきました。

私は玉入れ競技に参加しました。まあなんというか頭数みたいなもんですね。しかし、そこはしっかり1位をとって、ポイントゲットいたしました。scissors2_2

とはいうものの在住している広幡学区の成績はブロック6位の定位置キープとのことでガックリです。sad

来年に向け雪辱を果たさなければ・・・、でも楽しい一日でした。

|

2009年10月 9日 (金)

平成21年9月定例会最終日討論

日にちが前後いたしますが、10月6日(火)の平成21年9月定例会最終日に今定例会に委員会付託された第85号議案他21件の議案に対して、自民清風会を代表して「討論」を行いました。

一般質問で登壇したことはありますが、「討論」ということで会派を代表して登壇するのは初めてなので緊張いたしました。

ちなみに議会でいう「討論」とは、議会の会議において、採決の前に議題となっている案件に対し、賛成か反対かの会派の意見を表明することをいいます。

今回は委員会に付託(委員会に審査を委託すること)された議案に対する討論なので、各委員会で我が会派から出された意見を取りまとめて、本会議にて発表するのですが、まだまだ不慣れなため、読み原稿を作るのにも四苦八苦いたしました。

本番では、何とか無事努めを果たすことができ、ホッといたしました。

|

2009年10月 8日 (木)

台風18号ドキュメンタリー速報

50年前の伊勢湾台風と同じような進路で台風18号が近づいてきました。昨年の8月末豪雨の事もあり、風水害が心配されましたので、消防団員として警備にあたりました。
以下その時の状況を時間を追って報告します。私の見てきた限りの範囲で、速報として書き込んでいますので過誤や文章的におかしなところもあるかと思いますがご了承下さい。

10/7(水)
岡崎市災害対策本部を午後4時30分に設置。

午後6時からは市内全50小学校及び市役所西庁舎ロビーを避難所として開設。

18時34分 暴風警報 発表(岡崎市を含む西三河南部)

20時50分頃 広幡消防団団長より消防団員警備室待機命令あり。
(たぶん全市消防団に指令が出たものと思われます)
私もさっそく消防制服に着替えカッパを持って警備室に詰めました。

21時30分頃 消防自動車で管区を巡回警備し団長に報告。
伊賀川の水位も上昇してきているが、まだ余裕があるようだった。

23時00分頃 同僚団員が2回目の巡回警備 
伊賀川の水位の上昇の変化はあまりないとのこと
 
23時53分 大雨警報 洪水警報 発表、暴風警報 継続
雨はだんだん強くなってきているようだが、まだ、風はそれほど吹いていないようだ。

10/8(木)
12時過ぎに他の団員も駆けつけてくれたので、私は警備室で少し仮眠をとらせてもらった。
3時30分頃 目を覚ますと風がかなり強くなっていた。今回は雨より風台風のようだ。01

6時頃、風も雨もおさまってきたので、外の状況を見てみると、ちょうど台風の目が来たようで丸く青空がみえました。
10分ほどすると雲の動きと風向きが変わってきました。はっきりと台風の目を見るのは久しぶりです。

その後雨風も少し落ち着いてきたようでしたので、管区内を巡回し、被害状況を確認に行きました。

伊賀川の水位はすでに下がりつつあるようで、洪水のおそれはなさそうでしたが、立ち木が折れていたりして風の強さを物語っていました。

03  04 02_3

また、神明宮の境内にある松本町の山車小屋のシャッターがめくれ上がり破壊されていました。中の山車は彫り物が割れるなどの被害が少しありましたが、概ね無事のようでした。

その後広幡小学校に、避難所の様子を確認に行きました。体育館には3世帯ほどの方が避難をしておりました。話を聞こうかと思いましたが、寝てお見えのようでしたので、担当の職員さんと当直の学校の先生方に状況を聞きましたが、特に混乱はなかったようです。

松本町に戻って、松応寺の状況を確認に行きました。松応寺では本堂の瓦が少し飛ばされたのと、広忠公御廟所の門の瓦や土壁の上の瓦が一部が落ちていました。

05  07

また、本町の一般住宅の屋根が飛ばされたとのことで、現地を確認に行きましたが、すでに連尺消防団の皆さんが、概ねの片付けをしてくれていました。被災し道路に散乱した屋根材などについては市に連絡して撤去をお願いしました。

7時36分 大雨警報 洪水警報 解除、暴風警報は、継続

8時00分頃 消防団警備も解除。
昨日から風呂も食事もしていなかったので、シャワーを浴びて、朝食を食べやっと人心地つきました。

9時39分 暴風警報 解除。

|

2009年10月 5日 (月)

体育の秋

Photo_3先週末は秋の地域行事がいろいろ開催されました。

土曜日は、各地の幼稚園や保育園で運動会が行われたようですね。私は地元の元能見保育園の運動会に出席してきました。

昨日からの雨で開催が心配されたところですが、朝には上がり、お日様も出てきて予定通り運動会が開催されました。Photo

かわいい園児の皆さんの元気いっぱいの演技や競技に、笑ったりはらはらしたり、とても楽しく、私の方が子ども達から元気をいっぱいもらったようでした。

その後、県営グランドで行われている、小学校陸上競技大会の応援に行きました。Photo_4

岡崎中の小学校が集まっていて、それぞれ色とりどりのユニホームでたいへんな賑わいです。

広幡小学校からは知っている子どももたくさん出場していましたので、応援にも力が入りますね。

2

今日は素晴らしい秋晴れになり、まさに運動会日和でしたが、おかげで季節外れの日焼けをして顔が真っ赤になってしまいました。

|

2009年10月 4日 (日)

やなせ太後援会役員幹事会

昨晩、やなせ太後援会の役員幹事会がありました。

今回の議題は、

・市政報告&意見交換会の開催について

・今後の後援会活動について

市政報告会については、7月19日に広幡市民ホームで行いましたが、その後衆議院の総選挙、9月定例議会などで、開催できなかったので、11月に連尺と愛宕のそれぞれの地域でも開催することを決めました。
会場や日程などの詳細が決まりましたらまたご案内したいと思います。

また今後の後援会活動については、会員相互の親睦的行事も開催してみてはどうかとの意見が出されました。

役員、幹事のみなさん、お忙しい中、真剣に審議いただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »