« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月17日 (木)

西居院 廣中住職と談話

S 昨日「やんちゃ和尚」で有名な岡崎市真福寺町にある西居院の廣中邦充住職にお会いして、教育のことなどについて談話してきました。

ちょうどお預かりされているお子さん達の学校の保護者懇談会から帰られたところで、お忙しい中、急な訪問にもかかわらず、快くお時間を作っていただき、お会いでき感激いたしました。

現在も多くのお子さんを預かっており、西居院だけでなく、お知り合いの有志の方に部屋を貸していただいている方もいるそうで、頭の下がる思いでした。

お忙しい中でありましたので、あまりゆっくりお話はできませんでしたが、PTAのことやおやじの会のことなどの話しの他に、現在の私の活動にたいしてもすいぶん励ましの言葉をいただき、たいへん心強く感じました。

|

2008年7月10日 (木)

いきいきクラブ

6月26日(木)広幡学区市民ホームにて「いきいきクラブ」が開催されました。20080626

今年度より学区福祉委員会が主催となって2回目の開催ということで、私も見学がてら参加してきました。

事業運営自体は、学区健康推進委員の方達が、 今まで通り担当して下さっているので、スムーズに行われておりました。

参加者も20名ほど(ほぼ定員)でしたが、男性の参加が私の他は1名ということで、少々寂しかったです。

お年を召してくると、男性は家に隠って、女性の方が社交的になってくる傾向がありますが、自分も含め、もっと男もがんばらにゃいかんですねえ。

|

難病対策ネットワーク会議

6/30(月)に新しくできた岡崎げんき館内の岡崎保健所hospitalにて「難病対策ネットワーク会議」が開催され、出席してまいりました。

私はケアマネジャーの立場から、

「難病患者地域支援対策の現状と課題について」

実際の事例をもとに意見を述べました。

本来、難病患者等居宅生活支援事業では、難病の特定疾患のため、介護保険などの制度ではフォローできない方を支援していくためであるはずなのに、介護保険の改正などで制度の狭間で発生してきて、必要な支援を受けられず困っているケースがあり、難病患者等居宅生活支援事業の対象基準の見直しや弾力的な運用を求めました。

国の制度との整合性の問題もありますが、岡崎市独自の事業部分もあるので、なんとか制度の狭間を無くしていけるよう、今後も現場の声を伝えていきたいと思います。

|

スクールガード2

6月23日(月)の7時からスクールガードリーダさんと通学路の安全点検を行いました。

先日の生活安全委員会で意見のあった柿田川緑道の植え込みについては剪定されており、見通しも良くなっていました。

市役所の安心安全課にお願いしたのですぐ対応してくれたのかな?20080623

それとも総代さんたちが公園緑地課に連絡してくれたのかな?

なんにしても早々に改善されており、 よかったよかった。

|

事務所開所式

7/26(土) 午前10:00より

やなせ太後援会事務所の開所式を開催することになりました。

今まで仕事場兼用の後援会事務所だったので、Img_29655_1s_2

これで後援会活動もやりやすくなると期待しています。

所在地は 愛知県岡崎市松本町1丁目22番地 です。

お近くにお寄りの節は是非お立ち寄り下さい 。

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »